スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩寵の扉が開くまで Part2   3、ハワイリトリートから戻って (4)フーマンを待ちわびて

3月に入り、正式に再来日延期の知らせが入った。

「世界情勢は現在も緊急事態が続いているため、世界平和の祈りに全エネルギーを注ぐ」との事だった。

そして「祈りのワークが完結したと感じたら、年内に日本を訪れる」と言う。

しかしいつ完結するかは「神のみぞ知る」で、来日の予想が全くつかない状況となった。




私としては、フーマンを出来るだけ大勢の日本人探求者に紹介する事が自分の使命と思い疑わなかった。

そして同時に、それがフーマンの役割を助ける事だと信じていた。

しかしフーマンの役割は、どうやら別の次元の方によりウェイトがあった様だ。

それは、フーマンの次のメッセージ(イラン戦争の直前)でも伺い知る事が出来る。

                                      
「真のスピリチュアルな教師のワークは、個人の意識を引き
 上げる事だけではなく、人類全体の意識を引き上げる事も
 含まれる。

 今、世界中で史上最大規模の反戦平和運動が起こっている
 が、これは人類の意識が引き上げられ、戦争よりも平和を
 選ぶようになった結果なのだ。

 平和とは光明意識の結果であり、地上がより平和になれば
 地球全体がより光明へ向かう様になる。」






フーマンを説得して来日を促そうとしても、どこかへ籠もって世界平和の祈りに捧げているらしく、連絡がつかない。

いつ来日するか知れないフーマンを待ちわびながら、生活のリズムはすっかり以前のパターン、つまり「絶えず何かをやり続ける」スタイルに戻ってしまっていた。

「なるべくシンプルな生活を心がけ必要最低限の事だけを行い
 なさい。」と言う、ハワイでのインストラクションはうやむやになり、肉体的エネルギーも洗練させるべく、海でのセーリングや水泳等に精力的に取り組んだ。





仕事の方も、「アジズとの対話」を出版したり、アジズのリトリートをオーガナイズしたりして忙しくなった。

幸いアジズの方は、アシスタントのアナンダを連れて予定通り来日してくれたので、非常に有り難かった。

初来日となったアナンダのキャラクターも素晴らしく、オーガナイザーとしてエキサイティングな日々を送った。

瞑想もアジズの修業型のスタイルに戻って、自分ではなかなかの瞑想的境地を体験しつつあると信じていた。






ところがアジズ&アナンダのワークが無事終了し帰国を見届けると、突然体調が悪くなった。

最初は軽い風邪の症状だったのだが、いつまでたっても鼻の調子が良くならない。

やむを得ず病院に行くと、「急性蓄膿症」と診断されてしまった。

自分ではすべては順調でアジズのワークは凄いと思い込んでいたのだが、身体が何か別のメッセージを発しているのだろうか?

自分が本当に正しい道の上を歩んでいるかどうか、どうもよく解らなくなった。






自分の在り方に不安を感じつつも、新たなに本の翻訳にチャレンジし始めた。

この本はアジズ&フーマンの最初で最期の共著「Enlightenment beyond Tradition/伝統を超えた悟り」であり、これは凄いと感じた。

これ程純粋に意識の覚醒のプロセスのみを、詳細かつ正確に網羅した本は今まで読んだ事がなく、人類の意識レベルを引き上げる事は間違いない。

歴史に名を残す名著だと思い、ぜひ翻訳したいと思った。

ところが実際に作業してみると、理解不可能な箇所が沢山ある。

鼻の具合も相変わらずで、悪戦苦闘の日々だった。






ちょうどその頃、思いがけずフーマンから「今年の夏は日本でリトリートをしたい。」とのメールをもらい小躍りして喜んだ。

しかも、「日本ではオーガナイズや通訳で忙しいだろう。来日前に個人セッションをするので、ハワイに来るように。」という。






翻訳と蓄膿症で行き詰まって(息詰まって?)いた私は、「渡りに舟!」とばかりに喜んで、再びハワイに出向いたのである。

イベントの打ち合わせも兼ねて、翻訳で理解できない箇所を徹底的に質問しようと意気込み、それがハワイへ行く最大の目的であった。

予言よりも大切なこと

巷には様々な予言があり、東日本大震災も予言した人がいるなどという話もある。

しかし、予言が当たる当たらないとか、時期にずれがあるとか、そういうことは
本質的なことではない。肝心なことはフーマンが言っているように、「光のサークル」
を作っていき、愛と平和と調和に満ちた新しい生き方の始まりを、この地上でそして
日本で行うことではないかと思う。

以下は「恩寵の扉が開くまで」からの抜粋です。


* * *

キ:何かあなたのワークに関する、将来の特別なヴィジョンはないのですか?
私たちがあなたのワークにどう関わって行くのかとか、、?
こういう事柄は、ヴィジョンではなく状況に応じて自発的な展開に任せるべき事柄なのでしょうか?


フ:ノー、ノー。ヴィジョンがある。
なによりもまず、私のワークはアジズのそれとは非常に違う。狙いは同じだが、アプローチが非常に違う。
私のヴィジョンだが、私とワークしている人々は、3年後にはかなり大きな変化を遂げるだろう。
全く新しいレベルの進化が始まる。


あなた自身の道は、私との直接の繋がりをだんだんと離れる。

そして、このワークの全く新しいレベルの展開が始まる。
その事を今詳細に述べる必要はない。
しかし、非常に違ってくるという事は知っておくとよい。


{この時はフーマンとの繋がりを離れる事は全く想定外であり、実はこのセッションで話された事もすっかり忘れていた。
しかし、まさに3年後の2004年が最後の来日となり、その一年後にフーマンは肉体を離れた。}


より高次の、より幅広い、より力強く大量のエネルギーに後押しされたワークが起こって行く。
そしてこのワークを遂行する人々が、「光のサークル」を日本で創り始めるだろう。
日本で、光を保持する場が出来る。
なぜなら日本は5~6年もすると、非常に困難な時期に直面するからだ。
やがて、多くの異様な事柄が起こり始めるだろう。


それに備えてあなた方は、日本においてこの光を掲げる必要が出てくる。
この光は、非常に重要だ。
多くの違った源泉もった人々があなた方の所にきて、繋がりが起こり始める。
なぜなら彼らはあなた方に光を感じるからだ。

キ:2002年に世界的に大災害が起こると語る人々がいるのですが?

フ:イエス、特に日本は要注意だ。しかしもう少し後になる。

フ:特に日本では、様々な困難な状況が起こりえる。
 日本の大部分か消え去るとかね。

キ:え?どういう事ですか!

フ:日本の大部分が、海の底に沈むという事もあり得る。

キ:それは悪い冗談です。私は信じません!

フ:冗談で済めばいいのだが・・・地震や巨大台風等の多くの自然災害が起こりえる。

キ:本当ですか!?

フ:2010年には、今の日本は消滅する。

キ:どうしてそんな事が言えるのですか? 絶対に信じませんよ!

フ:もちろん信じなくていい。
未来の事を考え過ぎるのはよくない。

キ:そうですね。あなたが今語った事は言わないようにします。

フ:もちろん、それは重要な事ではない。
今私があなた方に働きかけている事は、準備をしていると言う事だ。
あなた方が、もっと光と繋がるようにね。
よりあなた方が真実の光と繋がれば、より正しい時に正しい場所に身を置き始める。
だから何かが起こっても、それによって影響を受けないようになるだろう。


キ:それじゃ、より光と繋がれば、自然に災害も避けられるという事ですか?

フ:そう。基本的に光を掲げなさいという事だ。
あなた方全員が、自らの光を顕現させるのだ。
ここでのワークは、あなたの為だけに行っているではない。
他の人々全員の為にも行っている。

この地上にもっと光が降り日本にもっと光が満ちれば、人々は自分自身を救える可能性が増してくる。
人々はその光に惹きつけられる様になる。
日本に様々な悲劇や災害が起こるとしたら、日本に多くの暗闇があるからだ。
日本の人々は、狂気に満ちている。
仕事、仕事、仕事、酒やタバコに溺れて、狂気に満ちた伝統に犯されている。
それは、ただの暗闇だ。


あなたやヨガビジャのような日本人は、日本のそう言った無意識という暗闇から自分を切り離す必要性と役割を担っている。
あなた方は、日本において全く新しい意識を創り上げるのだ。
あなた方全員が、これを現実化するための役割を演じるだろう。
今それが始まった所だ。


そしてこの光が成長するにしたがって、暗闇もまた非常に強くなる。
そしてこの暗闇があまりにも巨大になると、地球全体が爆発し自浄作用を起こさざるを得なくなる。
それは、暗闇を破壊する為だ。
それは、ただの「法則」だ。


キ:それじゃ、地球の破局と人類の無意識は関係があるのですか?


フ:同じだ。
この地上は、あまりにも無意識の魂で溢れかえり過ぎてしまった。
この地球は破壊されようとしている。
暗闇の意識は、この地球と自分と他の人々を破壊しようとしている。


だから、闇と光の分離が必要だ。
あなた方は愛と平和と調和に生きたいと願っている。
そうした光と闇が共存する事はもはや不可能だ。
全く新しい人類が誕生しようとしている。
だから、これらの古いエネルギーは自滅されなければならない。
旧人類は死ぬだろう。
だからあなた方はこの人類の新しい段階、つまり愛と平和と調和に満ちた新しい生き方の始まりを、この地上でそして日本で行うのだ。
これが未来に関する真実とヴィジョンであり、予言だ。
それは起こるだろう。


あなた方は自分にワークを続け、魂を目覚めさせてもっと光と繋がりなさい。
そうすればこの地球に自浄作用が起こった時に、自分の人生が何処に導かれるか、明確なガイダンスが与えられる。
あなたは日本で、既に富士山の見える美しい自然の中で生活している。

その事実を見てご覧。
あなたは、東京など大都会のダウンタウンで生活したいとは思わない。
そういった場所は、無意識の溜まり場だ。


だから自然に、もうより分けが起こり始めている。
より光がある場所が日本に出来る。
あなたのような意識を持った人々が、それを起こさせるのだ。
それはあなた方の意識の光によって、自然に創造されるだろう。
このワークは、まさにそのためにこそ行われてる。
このエネルギー全体のシフトに伴い、あなた方全員はやがて大いなる役割を演ずるようになるだろう。
あなたもその一人だ。

恩寵の扉が開くまで Part2 3、ハワイリトリートから戻って (3)神秘体験!?

ハワイから帰国した当初は、フーマンのインストラクションに従い、なるべく「シンプルでなにもしない」生活を心がけた。

しかし、程なくアジズのオーガナイズやインド・リトリートツアー等々を組んだりして活発に動き始め、インストラクションもうやむやになっていった。




さらに探求者としての好奇心もムクムクと頭をもたげ始めた。


年が明けて間もなく、人づてに非常にユニークなキリスト教の団体があると聞き、わざわざその教会へ行ってみる事にした。

この教会は伝統的なカトリックにもプロテスタントにも属さない「異端派」で、「異端」と聞くとどうも血が沸き踊る。

「反逆の魂」である事を勇気づける、OSHOの影響かも知れない。






牧師の方から話しを伺い、その流れから洗礼を受ける事になった。

それは真っ白い衣服に着替え、真冬の凍てつく庭に洗礼用の水槽が用意されていて、氷の様に冷たい水の中に頭から全身を沈めるという強烈なものだった。

しかし真冬の海でのセーリングや「滝業」を趣味としていた私にとっては、なんとも言えぬ爽快さと恍惚感を味わった。





洗礼の数日後に定例のフルーツ断食リトリートが始まると、数日前の洗礼体験が鮮やかに甦った。

「精霊」が降臨したと思しきエネルギーに満たされて、あたかもキリストの霊的な存在と繋がった様な、不可思議な体験をしたのである。

それはハワイで体験した「透明な私」へのシフトといった静謐なものではない。

全身が神の栄光に満たされて、大宇宙の力そのものと一体になり、「吾が為すは吾が力に非ず。天地を動かす神の力なり!」といった体験だ。

「予の辞書に不可能の文字はない!」とか「我は神なり!」とか叫びたくなる心境だった。





さっそくアジズとフーマンに、その体験と心境をメールで報告した。

すると直ちにアジズから返事があった。

単刀直入にズバリ、

「ただそんな事は忘れて、自分自身で在れ!」とのこと。

「仏に会えば仏を殺し、祖に会えば祖を殺せ!」と禅では言うが、まさにアジズの面目躍如といった内容だった。

アジズによると、

「その教会の哲学と信仰は全く意味がない。洗礼を通して自分
 を明け渡す事で、より魂に近づく一時的な経験をしたに過ぎ
 ない。」と言う。

アジズのお陰で、直ぐに冷静な自分を取り戻す事が出来た。





そしてやや間をおいて、フーマンから全く同じ様な内容のメールをもらった。

しかしそれは、今の私の状況を非常に丁寧に説明してくれたもので、そのやさしい心づかいに頭が下がった。

かいつまんで述べると、

「ハワイリトリートで大きなシフトが起こり、マインドによる
 探求の道から魂の道へと変化した。だから洗礼であれなんで
 あれ、ハートや魂が広がるきっかけがあれば、そうした事が
 起こる様になる。
 今後も、魂の目覚めに関する様々な新しい体験が来ては去っ
 て行くだろうが、それはマインドを越えた魂としての自分自
 身に完全に止まるまで続くだろう。」というものだった。




その後も折に触れて、不思議な「凄い!?」体験をして、その都度アジズやフーマンにも報告したが、「体験ではなく体験の主体に留まりなさい」という事が、2人の首尾一貫したメッセージだった。


このようないわゆる神秘体験とかエネルギー体験について、フーマンは言う。

「そうしたエネルギー体験はひとりでに来ては去っていくもの
 で、それに焦点を当てる必要は全くない。それらは、ただ通
 り過ぎるに任せなさい。

 究極的には、霊的な道において体験に関する事はそれ程重要
 ではく、大切な事は自分自身で在るという事だ。」

「私が在る(I AM)」という当たり前の事こそが、存在の最大の神秘なのだ。




霊的な探求においては、その道を歩めば歩む程、途中で様々なワナに遭遇する。

こうした神秘体験は一度味わうと、麻薬と同じく解っていてもそれを追い求めてしまう傾向がある。
(少なくとも私の場合・・・。)

何が起こっても、いつでも何処でも「自分自身で在る」という事を、ぜひ肝に銘じておいて欲しい。



既に述べたが、私は23歳の時に「悟った!」と思い込み精神的なバランスを崩して一年間を棒に振る苦い体験をした。

あの時、「誰か正しく自分の状況を理解し説明してくれる人がいたら…。」と何度も悔しい思いをした。

しかし今では、すぐに相談する事ができ信頼に足る2人の教師がいることを、つくづくと幸せに感じた。

恩寵の扉が開くまで Part2   3、ハワイリトリートから戻って (2)世界平和の祈り

フルーツ断食リトリートは毎月順調に行われ、フーマンとの絆は確実に深まっていった。

予定では、翌年の春には再来日をする事になっていた。


ところが、12月のリトリートの直前に思いがけないメッセージを受け取った。




「今、世界は戦争の危機にあり、このままでは世界中が

 戦争に巻き込まれる危険性がある。

 私は戦争を回避するために一時教えを停止して、

 全エネルギーを世界平和とワンネスの祈りの為に捧げる。

 世界は今、とても強く平和を必要としている。

 そのために世界平和の祈りを

 リトリート参加者も一緒に行って欲しい。」


という内容だった。





そしてリトリート参加者に対して、次のメッセージが与えられたのである。




「我々は全員がこの地球に対して責任を持っている。

 真の光明への道は、地球への愛と慈悲をないがしろに

 するものではない。

 我々の道は一生をかけて、なによりもまず最初に自分自身の

 内的な目覚めに焦点を合わせる必要がある。

 しかし今は緊急を要する時であり、

 外側に向かって愛と慈悲を与える事が要求されている。

 その意図が明確であれば、その見返りとして光明への肯定的

 なカルマをもたらすだろう。」






メッセージはイラク戦争が勃発するかなり前の事であり、世界情勢に疎い私にとっては、ブッシュ政権があれほど愚かでイラクに進攻するとは全く予想だにしていなかった。


それまでは、瞑想と世界情勢とを全くの別世界の事として捉えていたので、まさに「寝耳に水」の出来事で当惑した。

フーマンのメッセージを受け取って初めて、世界情勢の危うさを知り、自分も無関係ではないのかも知れないと思い始めたのである。





そこでリトリートの時は、瞑想の始まりに参加者全員でフーマンのインストラクションに従い、世界平和の祈りを捧げる事にした。


祈りの方法は、まずマインドを空っぽにしハートに呼吸をして、ハートを深く感じる事から始める。

そしてハートで感じる祝福を、周囲に広げて行き、日本そして地球全体へと愛と平和を与えていくというものである。


世界平和への貢献はともかく、祈りから始める事で瞑想の質が驚くほど深くなった事は確かだった。





それから4ヵ月後の2003年3月20日、フーマンの危惧した通りにイラク戦争が勃発し、日本を含む世界の趨勢がそれを支持し、戦争に巻き込まれていくという狂気じみた事態に陥った。

世界平和の祈りは続けたが、砂漠に水をまいている様な虚しさと無力感にしばしば襲われた。

しかしフーマンは、世界平和の祈りは非常に重要で大きな影響を世界に及ぼすと断言している。




「世界平和は、目覚めた魂と純粋なハートの持ち主が

今こそ本当に世界に平和をもたらそうとする

意識と意図を持つかどうかに関わっている」



という。






世界平和をもたらすには、瞑想により個々人が目覚める事が何よりも大切である事は、OSHOからも学んでいる。



「未来永劫に続く暗闇を照らすのも、

 たった一本のロウソクの光で充分だ」



「たった一粒の種があれば、全世界を緑にする事が出来る」



「生(Live)、愛(Love)、笑い(Laugh)が、

 核兵器を廃絶する唯一の方法だ」



こうした美しいOSHOの言葉も、自分が世界平和に貢献する事とはあまりにもかけ離れていて、それまでは全く実感が湧かなかった。





しかしこのフーマンのメッセージが、世界平和に貢献する事と自分の在り方という事に、初めて目を向け始めるきっかけとなった。

世界平和を含め、この世に奉仕できる力と役割が自分なりに与えられている事を確信したのは、それからずっと後になってからの事だ。


だからこのリトリートは、世界平和を自分の事として捉える大きな転機となったといえる。

なおフーマンのメッセージは「戦争の予言ではなく(not a Prediction)、精神的な光明意識が事前に平和のエネルギーを送り出す事でそれを防ぐ( about Prevention)事について」である事を追記しておく。

恩寵の扉が開くまで Part2   2、ハワイリトリート (3)カルマを解消する3つの方法

ハワイリトリートに関しても、ここでその内容のすべてを伝える事は不可能だ。

ただ私にとって一番印象深かった事柄を一つ紹介したい。

それは、カルマの解消についてフーマンの語った言葉だ。



フーマンによると、カルマを解消するには3つの方法があるという。

1番目はエネルギー的に働きかける事、2番目は赦す事、3番目は奉仕する事。





リトリートで行われる瞑想やカルマワークが1番目に相当する事は言うまでもない。

フーマンの臨在とともに在る事自体が、強力なエネルギーワークだった。





2番目に関しては、具体的に自分の中で「赦していない出来事」と誠実に向き合う事から始めた。


「赦し」というとキリスト教的なものを連想されがちだが、ここではハワイのシャーマニックな伝統を踏まえたものだった。

実際に赦しの神殿として有名なハワイ島の聖地を訪れて、フーマン主導の下、赦しの儀式が行われた。

かつては実際に罪を犯した人々がこの神殿に辿り着くと、儀式が執り行われ罪が許されたという。





神殿は海に面していてちょうど夕日が沈む頃に行われ、海からの潮風がとても気持ちよく、すべてが浄化される感じだった。

この儀式こそハワイリトリートのハイライトであり、最も美しく印象深いものだった。


噂によると過去生でフーマンはハワイの神官だった事があるそうだが、さもありなんといった風情だった。

フーマンの慈愛に満ちたエネルギーにより、私にとってどうしても赦せない出来事を、すーっと手放す事が出来たのである。






ところが3番目の奉仕という事に関しては、カルマ解消とどう繋がるのか解からないままリトリートは終了してしまった。


そもそも自己の覚醒こそが最優先だと思っていた私にとっては、奉仕という言葉自体に抵抗すら感じた。


奉仕というからには、その対象としての相手が必要となる。

奉仕のエネルギーは外側に向かい、瞑想のエネルギーとは真逆であり、覚醒の道から外れるのではないか?とすら思われ、いつの間にか奉仕の事はすっかり忘れ去ってしまっていた。




しかし、いったい我々は何故瞑想するのだろう?


「魂の目覚め」がその答えだとしたら、我々はただ魂の目覚めの為にのみ、この世に生まれて来たのだろうか?

もしかしたら我々がこの世に生まれて来た背景には、何らかの個人を超えた深い意味や目的があるのではないか?

そうした意味づけを深く探求していくと、結局は奉仕とか、この世に対する貢献という事に行き当たらざるを得ない。







非常に興味深い事は、瞑想家に対して「あなたの魂が完全に目覚め自分の問題が全くなくなったらどうしたい?」と聞くと、「目的を達したからこの世を去りたい。」と答える人は殆どいないという事だ。

ほぼ例外なく、「人を救いたい」とか「この世に貢献したい」と答えるのである。






しかし私が、人が魂として自己本来の役割を生き始める時、その辿り着く先が奉仕であり、カルマ解消に繋がるという事を理解したのは、ずっと後の事だった。

「悟ったら、この世に奉仕したい」という探求者は私も含めて大勢いる。

だがそれは「たった今すでにある悟り」を未来へ引き延ばす事であり、それこそがカルマの連鎖を終わらせることを妨げている要因でもあるのだ。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。