スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押さえつけずに見つめること

性的な感情を、「これは悪いものだ」と決めつけて抑圧しようとすると、一時的に消えたようでも、後からさらに強い妄想を作り出すことが少なくありません。その感情が作り出す想念を、ただそのままに見つめていると、「セックスしたい」と思っていた情動が次第に「抱きしめてもらいたい」という気持ちに変わったり、お母さんに抱きしめられているイメージになったり、自分の中に寂しさがあることに気がつくことがあります。

すると、「この動物的本能に突き動かされて、私は何を求めているのだろう?」という視点が生まれます。ふと、「幸せになりたいね」という気持ちが生まれるかもしれません。その人の後ろ姿に「あなたが幸せで、心安らかでありますように」と祈ります。先ほどの欲情はすっかり姿を消して、あたたかい気持ちが残っていることに気がつきます。

呼吸による気づきの教え 井上ウィマラより



瞑想などを実践している人で、性的な感情がでてくると、それを悪いものと決め付け、抑圧したり払いのけたりしようとする人がいる。私もかつてはそうであった。しかし、それをやればやるほど、ますます欲望の炎が燃え盛るものである。これでは根本的な解決にはならない。

情欲がでてきたら、それをただ見つめていくことで、その背景にどういったものがあるかに気づいていく。それによって欲望の本質を理解し、やがてはそこから解放されていく。ただ押さえつけているだけでは、解決するわけではなく、よけい欲求を強めることになってしまうだけである。まずは冷静に見つめ、そして根本を理解することが大切なことである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。