スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなと共に在る

昨日は8時間ほどのリトリートに参加してきました。日常が瞑想となりつつありますが、時には仲間と集ってよい場で瞑想したり共鳴したりするのも大切です。それによってより目覚めが深まっていくのを実感します。


一番最初の瞑想では、意図的に考えることを止めてみるように言われ、近頃は無理に思考を止めたりしようとすることもなかったのですが、久方ぶりにそれをやってみると、マインドの動きがはっきりと分かり、いったんは思考や感情が色々とわきあがってきましたが、静まるのも早かったです。以前なら無理に止めようとするとかえってひどく思考が湧きあがってきましたが、本来の存在、プレゼンスというものを掴めるようになってきてからは、思考の動きに惑わされることが少なくなり、思考もすぐに静まるようになってきているのが分かりました。


その後も瞑想を続けていると、本来の存在、プレゼンスがどんどん広がり、輝きを増していくのが感じられました。最初は小さな目覚めから、より大きく深い覚醒へと発展していくのがよくわかりました。単なるエネルギー体験というより、存在そのものを感じている気がしました。目覚めのエッセンスを体験しているように思え、これは中々面白い、もっと続けたいなと思っていると、瞑想が終わりました。それはわずか5分か10分間での出来事でした。


休憩時間も長くありましたが、その間に都内にしては自然に恵まれたところを散策し、神聖な氣に触れることができました。昨日は雨が降りましたが、休憩時間はちょうど雨も上がり、傘をささずに歩けました。晴れた日に歩くのは当然気分の良いものですが、雨上がりの時は晴れている時とまた違う氣を感じ、これもいいものだと思いました。瞑想してから自然の中にいると、瞑想の体験が定着してくる感じがします。


午後の瞑想が始まる前から強いエネルギーを感じ、これは少ししんどくなるかと思いましたが、アクティブな瞑想を行い、それでエネルギーがうまく昇華されたようで、それからしんどくなることもなくなりました。静かにただ在ることが最も大切ですが、体を動かしたり、呼吸に意識を向けるなどのことも大切であることを再確認しました。


アクティブな瞑想の後は静かに座り、呼吸に意識を向け、気づきを明確にし、分かる人は沈黙のスペースと共に在り、溶け込んでいくように言われましたが、私は最初から沈黙のスペースを感じ、そこに溶け込んでいきました。自分一人でもよくそのスペースを感じますが、大勢の人とともに在ると、また違った体験が生じます。その時には透明で静かでありながら、ほのかな温かみも感じていました。そこに集う人たちで、感じ方も変わってきます。しかし根本はみな同じであると思います。


それから行ったハートの瞑想では、私もよくハート瞑想の時に使う音楽が流れ、それとともにハートが開いていきました。その開き方は自然に起こり、いつの間にか開いていたという感じでした。音楽が終わるとアティーシャのハート瞑想に移り、これも何度も行っている瞑想ですんなりと行えました。悪いと思われたり感じられるものを呼吸と共に取り入れ、それがハートで光の、愛のエネルギーと変容され、それを吐く息とともに周りに出していきます。それを行っているとハートがどんどんと広がっていき、ハートのスペースと共にただ在りました。この瞑想を行うと、愛を感じたり、浄化の涙が出るという人も多いのですが、私は「全ては愛だ。素晴らしい!」などと感激をすることもなく、ただハートのスペースとともに在りました。それはとても穏やかで落ち着いたものでした。そこには一切の区別というものが生じていません。それこそがまさしく私たち本来の在り様です。


最後の瞑想では今日行ってきたこと全てが一つとなり、今ここにただ在り、気づきとくつろぎとハートが一体となっていました。前日あまり寝ていなかったので、瞑想や共鳴中はひどく眠くなるかと少々心配でしたが、多少意識が飛んでしまうこともありましたが、基本的には意識は鮮明で、とてもすっきりしました。長めの瞑想で疲労を感じている人もいましたが、私にとってはこんなに楽でいいのかと思えるくらいで、なおかつ激しい行や瞑想を行う以上の成果があり、もはや覚醒するには厳しい修行が必要であるとか、何日もの瞑想が欠かせないといった今までの私の常識は完全に覆されました。


終わってからの懇親会では美味しいイタリア料理にビールやワインを嗜み、そこでも色々と興味深い話ができました。解脱や悟りを求めている人たちにはストイックなタイプも多く、私もかつてはそうでしたが、そうしたところで悟れるというわけでもなく、楽しみつつ目覚めていくのがこれからの流れではないかと感じられました。


このような機会が与えられたことに感謝し、また参加できる時には参加したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。