スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒してもスーパーマンになるわけではない

悟った人は常に完全に気づいているわけでも、考えることなくどんな課題にも、即座に応答できるわけではない。悟りは武術の達人や侍になることではない。外側に完全に注意深くあることは、人に内的境地をもたらすには十分ではない。内的境地の中に完全にいても、それは外側に注意深くあるという質には何の影響も与えない。なぜそうなのか?それは、外側と内側の気づきは、それぞれ、全く違う意識の側面が請け負っているという、シンプルな理由からだ。究極的に、内面を知ることは、個人の意志とは何の関係もない。それは無条件だ。

エンライトメント 伝統を超えて アジズ フーマン共著より



目覚めたり覚醒したりすると、外的なことも何でもできてしまったり、失敗などなくなってくると思う人もいるでしょう。また武術の達人などは、超絶的なパフォーマンを発揮したりしますが、目覚めとそういうことは大きな関連性はないようです。またマインドも一切動かなくなるかといえばそうでもなく、動くこともありますが、目覚めてくるとミスやマインドの動きなどにとらわれることがなくなってくるようです。


覚者の伝記を読んでいても、感情を動かす場面が見受けられますし、私の知り合いでも目覚めつつあると感じられる人が何人かいますが、その人たちと接していても、マインドの動きはありますが、それに引きずられることがありません。


私自身目覚めつつあるという感覚があり、それは私個人のものでなく、何人かの知り合いもそのように言ってくれていますが、それでも仕事上のミスはあるし、マインドの動きはあります。しかし、以前と比較してもそれでずっと引きずられることがなくなってきました。以前はミスしたり他人の言動にいちいち反応し、痕跡を残していましたが、それがなくなってきて、そうなるととても楽になります。


昨日は仕事上のことで重大なミスになりかねないことをしてしまい、そのことでかなり強く注意されてしまいました。社長車を破損しかねないことをしてしまい、そのことで運転手さんから強く注意されたのです。普段は穏やかな人なのですが、その時は少々感情的ともいえるくらいの状態で、私に注意をしてきました。


そのことで私のマインドは動きましたが、直にそれもおさまりました。これは何の反省もないというのではなく、ミスはミスとして受け止め、しかしずっとくよくよ思い悩むことがないのです。注意されたことに対して無反応でもなく、そのことをずっと思い悩むこともなく、ただ淡々と受け止めたのです。


目覚めていようがそうでなかろうが、ミスをする時はします。目覚めてしまえばミスもしないというのは幻想にすぎず、悟りに対しての誤ったイメージでしかありません。しかし目覚めてくると、ミスをしてもそれに対して冷静に対応し、痕跡を残さなくなってくるようです。


目覚めたり覚醒することは何もスーパーマンになることではなく、ごくごく当たり前の人となることです。なるという言い方も正確ではなく、本来の在り方にただ在るという方が正確でしょう。霊的、精神的な実践をしてくると、色々と不可思議な体験をしたり、そのような現象が起きたりします。それにとらわれるケースも多いですが、目覚めてくるとそういったことがどうでもよくなり、とらわれなくなっていきます。目覚めてきている人はみなそうなっていきます。あるがままにただあることこそ、最高の神秘ではないでしょうか?
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【覚醒してもスーパーマ】

悟った人は常に完全に気づいているわけでも、考えることなくどんな課題にも、即座に応答できるわけではな

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。