スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い間の勘違い

昨日は定期的に参加している瞑想会に行って静かな一時を過ごしましたが、直前まで体が少々だるく、意識が不鮮明で瞑想がしにくいな、と思っていたのですが、瞑想会が始まる前に静かに座っていたら、次第に体が軽くなり、意識が鮮明になっていきました。以前からわかっていたことですが、多少の心身の不具合でも静かに瞑想していると回復していくことを、改めて実感しました。多少の心身の不具合で瞑想会などを欠席してしまうケースもありますが、それは何とももったいないことです。


それだけではなく、今回は新たな気づきがありました。それは私は何年も前から目覚めるとか、I AMといったことをすでに体験していたのだということです。しかし当時はそれらをとても特殊なことのように思いこんでおり、「これがそれなのだ」ということを理解していなかったのです。そのことを今回は思い知らされました。


私たちは悟るというと、勝手なイメージで悟ったらこうなる、という思い込みを抱いています。しかしそれは誤りで、それはごく当たり前のことだったのです。悟ったらこんな力がつくとか、至福に満たされるとか、一切動じなくなるとか、そのような思い込みも全て勝手に貼りつけたレッテルであり、それらがはがされたところに目覚めがあります。


私は回り道をしてきましたが、それはそれで意味のあることだと思うし、これから気づいてくる人は、私などより時間もかからず楽に気づいてくるでしょう。そのような流れが起こりつつあるように瞑想会に参加していて感じました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もう少し詳しく

こんにちは
いつも拝見させていただいています。


>私たちは悟るというと、勝手なイメージで悟ったらこうなる、という思い込みを抱いています。しかしそれは誤りで、それはごく当たり前のことだったのです。悟ったらこんな力がつくとか、至福に満たされるとか、一切動じなくなるとか、そのような思い込みも全て勝手に貼りつけたレッテルであり、それらがはがされたところに目覚めがあります。

このことについてもう少し詳しく書いて頂けませんか。

Re: もう少し詳しく

KOji さん

コメントありがとうございます。


> >私たちは悟るというと、勝手なイメージで悟ったらこうなる、という思い込みを抱いています。しかしそれは誤りで、それはごく当たり前のことだったのです。悟ったらこんな力がつくとか、至福に満たされるとか、一切動じなくなるとか、そのような思い込みも全て勝手に貼りつけたレッテルであり、それらがはがされたところに目覚めがあります。


> このことについてもう少し詳しく書いて頂けませんか。


私自身もそうでしたが、悟りや目覚めに関心のある人たちは、悟ったらこうなる、目覚めたらこうなるのだ、という思いがありますが、それらは全て副産物であり、本質的なことではありません。実際にI AMとか、私は在るということにきづいてくると、それはあまりにも当たり前のことであり、「こんなことだったの?」とか「まだこの先があるはずだ」と感じてしまいます。しかし、そのごく当たり前のところに本質があるのです。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。