スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人セッションは中身の濃いものとなる

昨日は、関西からちょうど関東に来ていたWさんに、個人セッションを行いました。Wさんとはネット上では知り合いでしたが、実際にお会いするのは初めてで、ヨーガも本業の合間に指導されているとのことで、下手なものを提供できないかと、若干緊張しました。


近頃は瞑想会や個人セッションでは、シンギングボウルを用いて波動を感じてもらうことをよくしており、多くのひとがそれでリラックスしているので、いつもの通りシンギングボウルを鳴らすことから始めました。私は音の出し方が荒っぽいと言われることがあるので、そこは注意してできるだけ繊細に鳴らすよう心がけていました。5分ほど経ってからどうだったか聞いてみると、何とも腑に落ちない顔をWさんがしていたので、音が合わなかったか聞いてみると、頭がグラグラして少し気分が悪かったとの返答。多くの人がシンギングボウルの音色で心地よくなり、すっきりとするのですが、たまに音が合わない人もいます。ただ、そういう人が久しぶりだったので、一瞬どうしようかと思案しました。


私がシンギングボウルしか技がなかったなら困ってしまったところですが、それ以外にも引き出しはいくつかあるので、急遽予定を変更して、シンギングボウルは使わないことにしました。ブレスワークも行うつもりでしたが、三半規管が敏感なようなので、激しい呼吸を続けさせない方が良いと判断し、最初は気功で心身をほぐしてもらうことにしました。いきなり座って静かにしていても、現代人は多くのものを抱え込み過ぎているので、色々なものが浮かんできて瞑想どころではなく、まずは心身をきちんと浄化するところから入るのが理にかなっています。そこで私は心身の浄化から入りますが、それにも様々なテクニックがあり、シンギングボウルが合わず、ヨーガも他でやっているので、あまりWさんの経験がない気功を用いることにしました。


気功でも本当に初歩のものだけを行いましたが、気の感覚はつかんでもらいました。手に気を感じることはさほど難しくありません。自分自身で気を感じてからは、私がいくつかの違うエネルギーを体験してもらいました。気功によるものと、レイキと、私が習っているまだ知られていない独特のヒーリングエネルギーの三つです。一番目は直線的で、二番目が霧のような感じで、三番目が最も自然な感じがするという感想をもらいました。人それぞれ感じ方は違うものですが、今回もまた他の人と違う意見を頂きました。自分の見解と似たような感想でしたが、そこで改めてそれぞれの特色を理解することができました。


気功を簡単に終了させ、次はより深く心身をゆるめるために、ボディワークを行いました。昨年末からボディワークを学んでいて、何人かの人に体験してもらい、自分の瞑想会やセッションでも取り入れていますが、概ね好評なので今回も行うことにしました。Wさんはご家族で整体院を経営しており、自分ではあまり施術はしないそうですが、以前には学んでいたので施術は当然できるし、上手い人はどのようなものかよくわかっているでしょうから、ボディワークがどのように感じるか、少々期待と不安がありました。


ボディワークにおいても、私は強すぎたり手足の持ち方が雑と言われることがあるので、その点を注意して行いました。私の行うボディワークは、主に身体をゆするのですが、ゆすり方も繊細にやったり強めにやったりと、バランスを考えてゆさぶっていきました。施術中のWさんの表情を見ると、リラックスしている様子だったので、そのまま集中して続けていきました。 ボディワークが終わってからは、エネルギーヒーリングをしましたが、Wさんはエネルギーヒーリングはよく分からなかったようですが、私の感覚では深い意識にまでエネルギーが浸透していたのがわかりました。


ボディワークとエネルギーヒーリングが終わってからWさんが起き上がり、私が感想を聞く前からボディワークがどうだったか語り始めました。まだ習い始めて半年もしていない割には上手いとのことで、長年やっていてもどれくらいやればいいか加減をはかるのは難しく、それもできていたので感心した、というようなことを言われ、整体院を経営している人からそのような感想を頂き恐縮しました。長年ヨーガや気功などの身体技法や瞑想を行っていたので、それらの蓄積で人の体や内面のことがわかり、それが生かされているのだと思います。ともかくWさんの感想は、私を勇気づけてくれました。


少し休憩してから、最後の瞑想に入りました。瞑想では気づきと寛ぎとハートに分けて行っています。これらは本来一つですが、三つに分けた方がわかりやすいので、この順番で行っています。まずは気づきですが、何かに気づいているというより、気づきそのものにとどまることをします。瞑想は集中ではなく、努力もしないという見解があり、最終的にはその通りですが、気づきの主体にとどまるという最初の段階では、ある程度の努力と集中が必要です。それが確定してしまうと集中や努力を手放しますが、最初から手放してしまうと気づきが確定せず、次の段階へ行けなくなります。最初は後頭部や頭の中心に意識を向けてもらい、何か浮いてきてもとらわれることもなく、追いかけることもなく、否定することもなく、ただあるがままにあるようにしてもらいます。Wさんもなかなか集中できず、上手くできているかわからなかった、と言っていましたが、あまり上手くできているかどうかこだわることなく、黙って静かにそこにあるようにするように言っておきました。


それから横になって寛ぎの姿勢をとってもらいました。気づきが確定しても、それは男性原理でまだ全てではありません。気づきを保ったまま寛いで、男性原理と女性原理を統合させていきます。単に寛ぐだけで気づきがないと、無知蒙昧になってしまうし、気づきばかりで寛げないと広がりや深みが生じません。どちらが大切ではなむ、どちらも必要不可欠です。


寛ぎの姿勢は、ヨーガではシャヴァアーサナといいますが、これは手足を少し広げて横たわり、ただリラックスしていくもので、Wさんはさすがに慣れていて、すぐに寛いでいきました。私はすぐ横に座っていましたが、私も深くリラックスしていきました。このようなことは同調していくものです。瞑想をリードする人がリラックスすれば受ける人もリラックスし、緊張すればそれが相手にも伝わります。お互いに寛ぎを共有していきました。


最後にはハートの瞑想です。気づきが確定し、心身が寛いで、気づきと寛ぎが一体となればそれで終わりという見方もありますが、ハートが開いて初めて完成するという見解もあります。私は近頃はハートが開き恩寵を受け取ることで、本当に目覚めると感じています。


ハートが開いてくると、そのことが実感されます。Wさんはハートが開くまでは分からなかったけれども、とても良い気分になったようで、それはハートが開いてきていることだろうと答えました。ハートを共有していると、境界がなくなってきます。自分と他人、主観と客観が曖昧になっていき、しまいには一体化していきます。しかし、背景に気づきがないとおかしなことになってしまうので、やはり根本に気づきがあることが大切です。しかし、気づきばかりでハートがないと、非常に独善的となります。Wさんにはその点をきちんと説明し、理解をしてくれました。


最初にシンギングボウルの音がきつ過ぎたようで、最後まで上手くいくかどうか気にはなったのですが、Wさんは満足していただけたようでホッとしました。終わってから感想を聞くと、言葉になかなかできないと言われたので、それは言語や思考や感情を超えた領域にまで至ったのでしょうと言いました。実際にかなり深い瞑想状態に至り、かなり浄化されていたのは明白でした。表情もすっきりとして、始める前と後とでは明らかに違っていました。


帰り道も途中までWさんと一緒に帰り、別れ際にWさんが私と一緒に瞑想していると落ち着くし、安心感があった。初対面の人といると、とても緊張することもあるが、そういうことが一切なかったと言われ、とても嬉しく思いました。一緒に瞑想して落ち着く、安心するというのは、瞑想会を開催する際に、非常に重要なポイントです。瞑想ができていて、深い気づきがあっても、緊張感を周りに出してしまっていたら、瞑想をリードする上でマイナスです。
そういう人にリードしてもらいたいという人もいるでしょうが、現代では少ないでしょう。私は以前よく怖そうに見られてしまうことも多かったですが、落ち着きと安らぎを感じてもらえるようになったのは、寛ぎとハートができてきたのでしょう。


昨日は本来合同でのワークショップを開催する予定だったのですが、それが延期となり急遽個人セッションとなったのでした。でもWさんにとっては変更されたのが良かったのだと思います。人数が多いとどうしても意識が散漫になるところがありますが、一対一だと密な内容となります。個人セッションもいいものだと感じました。そして私自身も多くの学びがありました。とても有難いことです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。