スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ在ることを共有

5日の日曜は、瞑想会を開催しました。参加者は二名と多くはありませんでしたが、とても充実したものとなりました。久しぶりに参加してくれた男性は、場の雰囲気もよく参加してよかったと喜んでいました。近頃よく参加してくれている女性も、瞑想している時からとてもリラックスしたよい表情をしており、また以前と比較すると、瞑想をエッセンスを掴んできているのがわかり、とても嬉しく思いました。

ドニパトロ(シンギングボウル)を響かせていると、比較的容易に心が静まり、気付きにとどまりやすくなり、深くリラックスできます。シンギングボウルの倍音は、心身を浄化させますが、自らも倍音を響かせることで、内側と外側の波動がマッチしていき、内と外が溶け合っていき、境界が段々消えていきます。今回の参加者もそのあたりを体験されていました。

気付きを明確にしていくために、まずは一点に集中していくことで体得しやすくなります。そのことがはっきりできてくると、一転集中も手放していきますが、最初はあるポイントに意識を向けていきます。久しぶりに参加した男性は、そのポイントに圧力を感じてなかなか抜けないと言っていましたが、それは私も同じ体験をしていました。だからその男性の言うことがよくわかったのです。その人は緊張がまだ残っているので圧迫感があるから、緊張がゆるんできたら楽になると伝えました。それでも気付きはかなり明確になっているので、さすがに以前から瞑想をよく実践しているなと感じました。

最後のハートの瞑想では、近頃は瞑想会でよく感じることですが、恩寵が降り注がれているのを感じました。これは特定の神や仏からというものではなく、実存そのものを感じます。それはそこにただ在り、心身が寛いで今ここに溶け合っていき、ハートが開いていくことで恩寵が受け取られます。参加した人はハートが開くことがまだよくわからないと言っていましたが、客観的に見ると開いてきているのがわかりました。まだよくわからなくても近いうちにそれを感じ取ってもらえると思いました。ただ在ることを共有できることは、非常に貴重なものであることを実感しました。

瞑想が終わってからはお茶を飲みながら三人で話をしましたが、話の尽きることがなく、時間があっという間に経ってしまいました。意識がクリアになると話す内容も濃くて深みのあるものとなります。ディープなことを面白おかしく語り合いました。瞑想を何人かで実践するのもいいものですが、終わってからの話し合いも実に楽しいです。貴重な一時を過ごせたことがとてもありがたいです。いつものことながら、参加していただいた方々に感謝の思いでいっぱいです。

来月は31日の土曜に開催する予定です。詳細は近々アップします。多くの人が集うのか、こじんまりとしたものとなるか、はたまた開催されなくなるか、それはなるようになるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。