スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実の追究において

僕はマスコミがいろんな攻撃をしてくるのを見ていました。見ていました、というのは、まるで何か自分ではないもののイメージに向かって、みんなが槍を射掛けたり、鉄砲を撃ったりしている感じがしたからです。しかし、その時僕は思いました。あ、先生が、世の中のよくない人たちの喜ぶ言葉を言ってはいけない、と言っていたのはこれなんだ、ということがよくわかりました。ですから僕はされるがままにしておこうと思いました。つまり自分のイメージなんていうものを僕の実体だと勘違いして、それに向かって槍を射たり鉄砲を撃ったりしている人たちがいても、なされるがままにしなければいけない、というのが先生の教えだと思いました。つまりこれが消えるまで放置しなければいけないし、そしてそれが消えたとき初めて僕がながいこと自分の心の中にかかっていた薄いベールから解き放たれるんだと思います。
 
 古代ギリシャでは、真理の女神に会うときに「ベールを裂く」という言い方をされていますが、そういう状態が訪れるだろう。そのとき初めて自分は、頭で理解しているようなゾクチェンから解放されるだろう。そのためには社会的にも死ななければならないし、いろんな意味で自分の周りに作り上げたものから死を体験しなければいけないと思いました。人間の死もそうです。自分は自分の身体をもって生きていると思っています。そしてこの肉体が機能停止することをまるであたかもこの世界から自分が完全になくなってしまうかのように考えていますが、そんなことはありません。これはイメージと全く同じ作り上げられかたをしています。この肉体はいつかは機能を停止していきますが、私たちのセムニー(心の根源・霊性の根源)はこの肉体のイリュージョンが解体しても死ぬことはありません。普通世の中で言われている、不死とか遺伝子操作によって次の自分が残っていく、なんてこととは全く関係がないことです。が、同じです。つまり自分の社会的な姿をばらばらに引き裂いてしまって、なすがままに殺してしまわなけない。そしてこれが死んでいったときに、ようやく自分は肉体だけになって、肉体といっしょにあるこの魂と生きられるようになりますし、そうするとこの肉体というもう一つの、もっと根源的なイリュージョンが消え去っていくことさえ見届けることができるだろう。そういう状態にまでたどり着かなければいけないだろう。ああ、ラマの教えというのはすごいな、と僕は本当に思いました。これを確実に予言していました。そして、そうしなければいけないと先生は言っていましたから、1995年から2‐3年の間はとてもひどい目にあって、日本の精神・宗教の世界は混乱した状況を体験しましたが、僕には予言の成就としか思えませんでした。そしてこの予言はだれのものかというと、先生の予言であるし、グル・パドマサンバヴァの予言であると思いました。

中沢新一氏ゾクチェン入門より




偉大な人物が、迫害を受けたり亡命を余儀なくされることはよく聞く話です。真実を追究していくとは、本当に大変なことでもあります。社会的にも死ななければならないこともあるのでしょう。自分というものを捨てていかなければならないこともあるかもしれなません。

 わたしも真実を追求していく上で色々大変なこともあったが、偉大な先達の方々に比べたら、何ということもりません。自分にそういったものが耐えられるかどうかはわかしませんが、少しでも道は歩んでいきたいと思います。

 真理や真実は、人々にとって甘いことばかりではありません。いやむしろ、そんなことは聞きたくもないとか、ものすごい衝撃を与えるような内容もあります。そういったことを探求していったり、人々に伝えていくのは、容易なことではありません。その過程において、社会的には死を迎えるようなことや、奈落の底に突き落とされるようなこともあるかもしれません。そこでひるんでしまうか、たじろがずに真実を追究し続けるか、大きな分かれ目となっていくのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。