スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解き放たれる

肉体や思考や感情にとらわれ、支配されている状態が当たり前のような状態になっている人がほとんどであり、それは自分自身をがんじがらめにしていることになる。それでは多くの人が苦しみを感じて当然でもあり、苦しみを感じていることすらわからない場合もある。

二、三日前のことだが、夜寝ていて起きたら、どうも肩の前の方が痛い。今まで体験したことのない痛みで、激痛にもだえるというものではなかったが、神経に響いており、どうにもこうにも不愉快だった。「一体全体どういうことか?」と訝しんだが、しばらくはどうにもならなかった。

数分経ってからふと気がつくと、二の腕の辺りに圧迫感がある。近頃は寒いので、肌着に長袖のものを着て寝ているが、それを無意識のうちに捲り上げていて、それで二の腕が圧迫されていた。すぐに捲り上げられていた袖を元に戻すと圧迫感は消え去り、それとともに肩の痛みも消えていった。二の腕を圧迫することで、苦痛と痛みを感じていたのだった。

肉体を締め付けると苦痛であり、それは意識においても同じことが言える。色々なことにがんじがらめになっていると、本来は広大無辺である自分自身がちっぽけなものとなってしまい、それは不自然なことであり、それ故に苦しみが増大していく。逆に自分自身を縛り付けているものから解放されていくと、自分自身が本来は広大無辺であることに気付いていき、苦しみから解放されていく。

現代は個々人が、そして社会全体が多くのものに絡みとられ、にっちもさっちもいかなくなってきている。しかしまだ少数だろうが、「これはどうもおかしいな」と気が付きはじめている人も出てきているように思う。一人一人があらゆるものに束縛されているこの状況に気付き、そこから解き放たれていけば、個々人がもっと幸福となり、世の中も平穏なものになっていくだろう。エゴから解き放たれた状態こそ本来の姿であり、それは境界がなく、分け隔てのないものであり、真の安らぎがあり、慈愛に満ち溢れている。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。