スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽に生きる

何のために瞑想するのかといえば、以前は悟るためとか、覚醒するためなどと考えていましたが、それはちょっと仰々しすぎると近頃感じ、瞑想に長けた人と先日話していて、楽に生きるためという話が出て、それはとてもいいなと思ったのです。

楽に生きるというと、一般的にはお金があって、地位や名誉や権力を得て、良き伴侶に恵まれて、などというイメージがあるでしょう。それらがあれば楽に生きられると感じやすいですが、それは絶対的なものでしょうか?莫大な財産を得ていても、心は乱れ、悩み苦しんでいる人も多くいます。地位や名誉や権力も、いずれは手放さなければなりません。その時には大きな苦しみがあります。外的なものだけでは、楽に生きられるということはありません。

人は色々なこだわりがあり、それが強すぎると満たされない時に多大な苦しみを感じます。瞑想することで、まあ瞑想でなくてもいいですが、こだわりが弱まってくると、とても楽になってきます。物を手放して楽になったという話しを聞くことがありますが、こだわりがなくなることで楽になったということもいえるでしょう。強いこだわり、多くのものにとらわれていると、それが喜びを与えたり、楽になると多くの人が錯覚していますが、実際にはそれらを手放すことで楽になっていきます。

悟るためとか、覚醒するためにこれこれのことをしましょうというと、敷居が高すぎて実践するのが難しくなってしまいますが、楽に生きるためとなると、敷居も低くなり、実践もしやすくなるでしょう。これからはあまり悟るとか覚醒するとか言い過ぎずに、楽に生きていくということをポイントにしていこうと思う今日この頃なのでありました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいね

楽に生きるため、あらゆる物へのこだわり(執着)を無くす(手放す)。

まさに仏陀の教えの真髄だと思います。
ありがとうございます。

Re: いいね

なか早さん

> 楽に生きるため、あらゆる物へのこだわり(執着)を無くす(手放す)。
>
> まさに仏陀の教えの真髄だと思います。
> ありがとうございます。


仏陀の説かれたことは、まさしくこのことであると思われます。

仏教に関心があったり、修行をしている人が、かえってこだわり
がある場合もあり、本末転倒となっているのは皮肉なことですね。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。