スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

するのではなくただある

近頃は瞑想に取り組もうとして座っている時よりも、仕事中に座って待機している時の方が、より深く入れることも多くなっている。以前は瞑想しようとして座り、深い領域に入っていき、日常生活においてはそれは難しいことだった。それが近頃は瞑想時と日常の区分というものが、段々曖昧なものになりつつある。

私たちは何かをするということに慣れている。瞑想もするものであるというのがごく当たり前の感覚としてあるだろうが、確かに最初はそれで始めるのがいいかもしれないが、やがて瞑想をするのではなく、ただあるものであることがわかってくる。私はこのことを理解するのに相当時間がかかったが、今ではそれが自然なものとして受け入れつつある。

何かをするというのは、自分は足りないとかまだ得ていないから得る、というものが背景にある。しかし、私はすでにそれである、ということを頭だけの理解ではなく実体験をしていくと、するのではなくただそこにあるだけで十分であり、余計なことをする必要もないことを体得していく。この世を生きていく上で、全く何もしないわけにはいかないが、余計なことを私たちは多くやりすぎているのは事実であり、少なくとも余分なことをやらないだけで、多くの悩みや惑いというものから解放されていくことになる。そして「今ここにただある」ことの意味合いがわかってくると、何もしないことがいかにすばらしいことであるかが腑に落ちるようになってくる。もちろん頭だけの理解では単なるなまけものになってしまう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。