スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報過多の時代において

私の仕事場では、海外留学生と接する機会があります。彼らの多くは真面目で、勉学にも真剣に取り組んでいます。先日留学生の一人と少しだけ話をしたのですが、日本の印象についての話題になり、日本に対していい印象を抱いていましたが、日本は情報が多すぎるということを言っていました。情報が多すぎて、かえって迷ってしまうことも多いと。これは確かにその通りであると思います。

今の日本は、ありとあらゆる情報であふれかえっています。多くのメディアがあり、インターネットも普及して、様々な情報をすぐに取り入れることが可能です。それは良い点もありますが、あまりにも情報過多であり、何が真実で何がそうでないのか多くの人が惑っているように感じられます。情報を使いこなすのではなく、情報に翻弄され、支配されてしまっているといえましょう。

情報量が多いと、どうしても玉石混合となってしまい、それもほとんどが石であり、玉はあまりないのが現状です。それでは迷いが生じても当たり前です。こうなると情報に迷わされずにいられる状態に己をもっていく必要があります。情報に巻き込まれずに、一歩離れたところに視点をおき、冷静に取捨選択できるようにすることができれば、情報に支配されることはないでしょう。しかし、ほとんどの人が情報の渦に巻き込まれてしまい、情報が自分自身であると錯覚しています。情報は自分自身ではなく、本質的なものではないですが、あたかもそれが実態のあるものかのごとく感じてしまっている人が多いのが現状でしょう。

多すぎる情報に対して、遮断をすることが一つの手段としてありますが、あまりにも情報が多すぎる今の日本において、遮断し切れるものではありません。それはそれとして行いつつ、普段から心を動かさないように心がけ、冷静に物事を観る目を培っていき、情報に没入せずに一歩離れたところに身をおくことを実践していくことが大切であると思われます。そして情報に巻き込まれることがなくなってくると、本来の自分自身とは静かで平安であり、遮られることがないものであるということが次第にわかってくることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。