スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟ったらこうなのだろうというのも思い込み

悟りと一言でいっても、ひとそれぞれ様々な見解があります。悟ってしまうと、全知全能となり、なんでもわかってしまい、あらゆることができてしまう、という風に思う人もいると思います。かつて私はそのような見解を抱いていました。

しかし古今東西多くの覚醒したと言われるグルやマスター達の話しを聞いてみると、人間としてこの世に生きている以上、やはり限界というものはあり、どんなことでもできてしまったり、神羅万象あらゆることがわかったり、煩悩が全て完全になくなってしまうというものでもないようです。

アジズとフーマンの共著である「エンライトメント」でも、悟ったからなんでもできるようになる訳ではない、といったことが述べられています。悟ればこうなるはずだ、こういうものであるに違いないというのも、私たちの思い込みにすぎません。  http://amzn.to/ikHsin

「私は悟りから程遠い、まだまだである」というのも「私は悟った」といって傲慢になるのも、どちらも極端な見解であり、多くの人がどちらかの見解を抱いているでしょう。こういった極端な見解を超えて、あるがままにあることが悟りへ通ずるものであると感じます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。