スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教の解体学

中沢 私は宗教というのは、ある意味でいうと、頂点が抜けていないといけないと思っているのです。つまり非-知に向かって、そのシステムがそのいちばん心臓とする部分で抜けていないといけないと思う。
私はチベット人の仏教を勉強していますが、チベット仏教の学者からすごく批判されるのです。「中沢のやっているのはチベット仏教ではない」という言い方をされる。つまり、チベット仏教と普通言われているものには大変な学問的な体系があって、中観の哲学をやり、唯識をやり、密教の曼荼羅の瞑想をやる、これがチベット仏教というもので、中沢のやっているものは違う、というような言い方をされる。でも私は、偶然も作用しているのですが、宗教の体験の上を青空のように抜いてしまうという人たちのグループと深い交わりをもって、このグループの人たちの伝統を勉強してしまったんです。

小林 「抜いてしまう」というのはどういう意味ですか?

中沢 つまり、仏教というのはある意味では修行にしても勉強にしても大変な努力を要するわけですね。これについて彼らは非常に素直な言い方をします。仏教は努力をしてやらなければいけないけれども努力してたどり着いたものは真理ではない、という言い方をする。つまり無努力というものを努力の体験の上に開かなければいけないということですね。そのときに、さきほどギフトのように与えられると言いましたが、スポンテイニアスな知恵というものがおのずと生起するという言い方をする。ここにはもう主体も客体もないのだという言い方をする。

ですから私が親しんだこの人たちのグループは、しきりに無努力ということを言う。だから修行はしないんだ-すごくやるんですけどね-、と。宗教というの努力したり勉強したりしてはじめて、この世界の真理をはつかみ得るんだと思われがちだけれど、彼らのようにこれは大嘘なんだ、ということを主張する人々に出会って、私はそこで目を開かれました。ところがこのためにチベット学の中ではすごく困った立場に置かれてしまった。なぜならば私が親しんだグループは、体系的な学問をすべて否定してしまう人たちなんですから・・・・・。彼だってもちろん勉強はします。勉強はしているけれども、知的努力の限界を見きわめるためにだけ、知性を用いるという感じですね。努力の限界を知って、それを無努力、無作為、無為、自然というところへ開いていくんです。

道端に転がっている石なんかを見ては、あっと思う、そんな感覚をもう一回、日本の仏教の中で最終的につくりだそうとしたのは、おそらく浄土真宗の妙好人なんかじゃないかと思うんです。下駄の鼻緒をすげ替えている人たちがその瞬間瞬間に御仏を感じると言っている、そういう感覚までもってっちゃっていますよね。そうしたものに目を向けると、比叡山や永平寺ですごく勉強して努力を重ねる、あるいは座禅を組んで大変な努力をして、直感知なるものを悟ったとまで言わなければいけない、そういう仏教はある意味で全部無駄なんだというところまで言わないと、この宗教は完全なものにならないということなんです。

日本の仏教はある意味でいうと、浄土真宗と禅があったおかげで、完全なものになったと思うのです。開いちゃった、このことを鈴木大拙は「日本的霊性」と言っていますでしょう。つまり、あれは仏教は開いちゃったところで初めて完成するのだという言い方ですね。つまり、宗教がそれ自身を解体してしまったところで、むしろ石ころの中にグレート・スピリッツをみたり、ありがたいと拝んだり・・・・・。そういうところまでもっていったものに自分を開いていく、つまり非-知の中に自分を開いていくということがない限り、その宗教は完成したものにならないと考えているのです。

キリスト教は、その意味では宗教としては未完成なものだったのではないですか。つまりイエスの体験の中で完成していたものが千五百年以上、キリスト教という宗教の中に閉じ込められていて、完成していなかった。そしてついに完成することはなかった。完成できないで、この先端部分が資本主義という別の原理の中に解体し始めてしまっている。そこで先ほど言った「小文字のa」が無限に飛び交う状況が発生している。しかし宗教ということを考えるとき、私はこれには完成形があるだろうと思うんです。そしてそれは信と呼ばれているものに根ざして形を成していくだろうと思うんです。

宗教への問い 宗教の解体学 ページ214から216
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。