スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解放されていくために

私は今、瞑想会が始まるまで時間があるので、カフェに入り寛ぎながらiPadでこの文章を書いています。そこでは80年代の洋楽が流れており、私にとって懐かしい曲もかかっていて、よく洋楽を聞いていた頃の思いがそれとなく蘇ります。ホイットニー・ヒューストンも死んでしまい、ジャネット・ジャクソンは今はどうしているのだろう?などという思いがふと浮かんでは消えて行きます。


最近流行りの曲を聞いても、全く心の琴線に響かないものも多いですが、以前によく聞いていた曲が流れると、心が動き出すこともあります。やはり人間は過去の思いにとらわれるものです。そしてそれに大きな影響を受けています。しかしそのことに多くの人が無自覚です。


内面に意識が向かっていくと、自分自身の意識の状態がよく理解できるようになってきます。そしてマインドの動きにも影響を受けにくくなります。そうなると余計な疲弊をすることもなく、とても楽になってきます。過去に思いを馳せることで、良い気分になることもありますが、苦しみもまた生起するものです。マインドは常に過去や未来を行き来しています。その動きを完全に止めることはそうたやすいことではないですが、過去や未来を行き来していることに気づけば、マインドに翻弄されることもなく、今ここに在ることが容易になります。そして本当に自然な状態が訪れます。


最初のうちはマインドの動きに気づき、今ここに引き戻す感覚ですが、次第に自動的に今ここに在るようになっていきます。そうなると努力することからも解放されて行きます。最初から努力なしで今ここに在ることは余程の天才でもない限り難しいことですが、ずっと無理矢理努力を続けることもないのです。そのためには最初は緊張と弛緩のバランスを取ることが大切だと思います。それによって努力と無努力の兼ね合いも掴めてくるでしょう。


私はかつて、無謀とも言えるほどの努力をしていた時期がありました。そうしないと目覚められないと思い込んでいたのです。しかしそれだけではむしろ目覚めから遠ざかることに気づき、リラックスすることも必要であるとわかりました。すると今までの自分は何だったのだろう?と思うくらい自分自身が解放されていったのです。過去や未来にとらわれず、緊張と弛緩のバランスを取っていけば、次第に私たちは諸々のことから解放されていくでしょう。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。