スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前の知り合いのことを思い起こして

世の中には多くの人がいて、よく弁ずる人もいれば、非常に寡黙な人もいる。私の知り合いで病的かと思われるほど寡黙な人がいた。その人は余計なことを一切喋ることなく、感情を露にすることもほとんどなかった。大声で笑うこともなく、怒りを面に出すことも滅多になかった。一度だけきつい口調をされたことがあり、普段そのようなことはなかったから、とても驚いたのを覚えている。そんなことが印象に残っているくらいだから、普段は全く内面を出すことがなかった。

しかし感情を露にせず、寡黙で静かにしているからといって、内面が静まりきっていたとは思えなかった。その人は表に出さないだけで、内面では色々と葛藤したり、抱え込んでいるものがあるのだと感じることもあった。仕事をまじめにこなしていたがミスも多くあり、そのことを注意されてもほとんど改めることもなかった。悪い意味で頑固であり、露骨に反抗的な態度をすることもなかったが、自分がいいと思ったことはゆずることがなく、それで周りに迷惑をかけてしまうこともあった。内面が安定していたら、そのようなことはないだろう。

その人が犯したミスで聞いてびっくりしたのは、4tトラックで小さなクレーンがついているものがあるが、走行中のクレーンは、前か後ろに固定させておくが、どうしてそうなったかわからないが、横向きにしたまま走行してしまい、電柱にクレーンをぶつけてしまったらしい。電柱にウエスタンラリアットをかましたようなもので、当然クレーンはおかしくなってしまった。そんなことをしたら運転禁止とされても当然だが、その人はそれでもこりずトラックを運転し続けていた。そして小さな事故を繰り返しており、ここまでくると本当に病的としか思えなかった。

その人は普段は本当にほとんど言葉を発さなかったが、何年か前にネットで色々と書き込んでいるのを見た。ほとんどが長文で、何が言いたいのかなかなかわからないようなこみいった文章だった。面と向かって人を批判しているのを見たことがなかったが、ネットの書き込みではかなり他人を批判しており、内面では色々な思考や感情が渦巻いていたのだと思わされた。それにしても面と向かっているときとネット上でのギャップがあまりにも激しく、私だけでなく共通の知り合いも驚いていた。外側に出さないだけで、内側では相当思考や感情が渦巻いていたのだろう。今はどうしているかわからないが、内面の葛藤が肉体や精神を傷つけてしまわなければいいと心配してしまう。

あまり喋らなくても、内面では葛藤が渦巻いているかもしれないし、よく喋る人でも心が静まっている人もいるかもしれない。一般的にはよく喋る人は心も波立っていることも多いものだが、そう単純に割り切れるものでもない。ただいえることは、今ここにある状態で、我がなくなってくると、思考や感情も静まっていき、何かを語ることが困難になる。私はマッサージを受けると、我というものがどこかに行ってしまい、しばらくは言語を発することが難しくなる。これは自分だけの話ではなく、今ここにある人に語りかけても、きちんとした返答がかえってくることはあまり期待できない。ただし、なかなか喋ることができなくても、今ここにある状態か、それとも単に愚鈍になって喋ることができないかの違いはある。これは意識が明晰であるかどうかの違いがあると思われる。

意識が明晰な上で、心身ともに寛ぎ、我というものがなくなってしまえばそれは自然であり、意識が不明瞭で我を忘れてしまえば、それはただの酩酊状態だろう。意識を普段からできるだけ明晰にして、気付きを保っておくことがやはり重要となる。

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。