スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動く瞑想

おととい何年かぶりに武道の練習をした。私は武道や格闘技にも関心があり、そちらの道に進もうかと考えていた時期もあったが、結局その方向には進まず、瞑想などの流れに向かうことになる。しかし、武道の関心がなくなってしまうことはなく、ずっと習いたいと思っていたが、なかなかその機会がなかった。しかし、久方ぶりに体験できることになった。

最初にウォーミングアップを行ったが、整体の技も取り入れたものであり、軽く触れられた状態で自然に力を加えられていったが、それだけで体がほぐれていくのがわかった。私は体の固い部分と柔らかい部分がはっきりわかれていて、筋肉そのものはあまり固まっていないが、肩や首筋などは非常にこっている。それが無理にほぐしたりすることもなく、自然にゆるんでいくのがわかった。

それから二人組で手を取り合って、片方は自在に相手を動かし、もう片方はその動きに逆らわずに完全に脱力していく。私は以前からヨーガや気功などの身体技法を行って、身体を脱力させることには慣れている。また、瞑想でも近頃は内面を緩ませることを主にやっているので、脱力することはそれなりにできていた。一緒に組んだ人もかなり緩んでいるとほめてくれた。相手の動きに逆らわずにゆらゆらと動いていると、なかなか心地よい。

そして相手を自在に動かしていると、どのようにすれば相手の体をコントロールしていけるかがわかってくる。そして、無理な力を入れることもなく、相手を投げることができる。これが無理な力が入っていると相手を投げることが難しくなり、また投げられないようにするためにも、力んでいると逆に簡単に転がされてしまう。無駄な力を抜いて、一本芯が通った状態にあると、簡単には投げられなくなることがよくわかった。

その後色々と技をかけてもらったが、こちらがどのような動きをしても、それを察知されて手首や肘を極められてしまう。久々に関節技をかけられたが、あまりの痛さに「いてててててーーー」とか「ぎゃーーー」と叫んでしまった。近頃はあまり大きくマインドが動いてしまうことや、恐怖感を感じることもなかったが、技をかけられる前には恐怖感や痛みを避けたいとマインドが動いてしまい、かけられてからは痛みにやはりマインドが揺れ動いてしまった。まだまだ肉体に対するとらわれや、痛みを避けたいと思う気持ちや恐怖心があるのだと理解することができた。

それまでは技も一般的な武道のものだったが、気を使って技をかけられると、自分の気が抜けていってしまい、地面にへたり込んだまましばらく動けなくなってしまった。私は気などにはかなり敏感な体質なので、気を入れられたり抜かれたりすると、大きく反応してしまう。気を使った武術は存在すると実感した。そのような体験ができたことは貴重だったが、気の流れが乱れて帰りの電車の中でも気分が少々悪くなってしまった。武術にはその場限りだけでなく、後々までにも影響を与える技が存在すると言われているが、私が受けたものもまさしくそのようなものであると感じた。

簡単な練習が終わってからはしばらく話をしたが、このような武道では、筋力よりも体の使い方や、気を感じることや、内的なセンサーを磨くことの方が大切だということがよくわかった。体において中心軸や丹田が大切だが、武道をやっている人でもそれがわからない人が多いということだった。以前の私はエネルギーや意識を上にあげることばかりに集中し、腹ができていなかったが、しばらく前からは腹をしっかりと据えることの大切さを理解し、バランスをとるようにしていた。丹田には上丹田、中丹田、下丹田とあるとされるが、どれが大切というものではなく、どれも大事でバランスをとることがやはり重要だと思う。

武道でも達人レベルになると、相手をどうこうしてやろうというのではなく、相手と一体化していくという。それどころか宇宙との合一もなされていくという。合気道の創始者である植芝盛平も「合気とは、敵と闘い、敵を破る術ではない。世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。合気道の極意は、己を宇宙の働きと調和させ、己を宇宙そのものと一致させることにある。合気道の極意を会得した者は、宇宙がその腹中にあり、「我は即ち宇宙」なのである。私はそのことを、武を通じて悟った。」と語っている。これは実際にそのような体験をしていったのだろう。私は武道においてもそのようなことは起こりうると感じた。瞑想にも通じるものがあり、武道はいわば動く瞑想、相手を伴う瞑想という見方もできる。もっともそのような観点で武道を行っている人は少ないだろうが、そのことを理解した人がいることもまた事実だろう。

このごろは静かに寛ぐことが多かったが、それだけではバランスを欠いてしまうので、武道の訓練などもして、動きの中にある静寂、静止の中にある動きを見出していくこともしようと思った。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。