スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩寵の扉が開くまで 1、フーマンとの出逢い  (1)希有なる出逢い

「恩寵の扉が開くまで」シリーズは、著者が覚者であるフーマンとの個人セッションを通じて様々な過程を経て、最終的にはフーマンをも越えていく道程を綴ったものです。今後「恩寵の扉が開くまで」シリーズを部分的にですが、紹介していきます。



 「袖振れ合うも多生の縁」という言葉があるが、人生は人と人との出逢いによって織りなされるドラマだ。
しかし、「来ては去っていく」数々の出逢いというドラマの中にあって、自己の内奥にある魂を揺さぶり目覚めを促す、きわめて希有なる出逢いというものがある。
私にとってはOSHOとの出逢いがそれであり、その繋がりは「永遠なるもの」に属するので、「去っていく」という事がない。
フーマンとの出逢いも、まさにこのカテゴリーに属する。

 実はフーマンとの出逢いについてその体験を書くように本人から4年も前に言われていたのだが、当時はまだ劇的変化の最中で余裕がなくずっと保留のままになっていた。
遅ればせながら最近ようやく用意が整い、ここに公表できることを嬉しく思う。

このサイトを今は亡きフーマンに捧げる。

 フーマンという存在は、アジズ自身がソウルブラザー(魂の兄弟)として絶賛していた事もありアジズの生徒の間では初めから有名だった。
しかし「ハワイに在住している若くして悟った人物」ということ以外、何も知らなかった。当時はアジズのワークに専念していたため、あまり関心がなかったのである。
いわゆる「ステート オブ プレゼンス」のワークが終わり次のステップを模索し始めた時に、初めて会ってみたいという衝動に駆られた。

 2001年3月、初めてフーマンと言葉を交わしたのは電話を通してであった。

私の下手な英語でしかも国際電話だったにもかかわらず、あたかもすぐ目の前でフーマンと対面しているかのようで、実に不思議な感覚だった。
私の問題を非常に的確に指摘したのみならず、隣で聞いていたヨガビジャの状況をも、パートナーの私よりも遙かに手に取る様に把握していたのである。
「この人は本当に私の事を知っている!絶対に逢わなければならない!!」という強い衝動が魂の奥底からこみ上げて来たのである。

 以来4年間、公私に渡って親密かつ的確な教えを受けた。
ボディを去る前の数年間は教師としての活動を殆どせず、ハワイ在住の生徒達からフーマンの所在についてリーラスペースに問い合わせがくるような状況だった。
秘書のダニエラによると、フーマンは私たちには計り知れない「聖なる次元」との交流や「世界平和の祈り」等に没頭していたようである。
しかし不思議なことにリーラスペースの活動に対してだけは積極的に関わり続けてもらう恩恵に浴し、最期まで的確な指導を受け続けることができた。

 今はもう感謝の言葉を直接伝える事はできないが、フーマンによって伝達された真実を実際に生きる事、そして同じ道を歩む人々に分かち合う事こそが、私に残された唯一の感謝の表現だと思う。
このサイトが、その一助を担えれば幸いである。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。