スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の身体

理想的な死の迎え方とはどういうものでしょうか?
それはひとそれぞれでしょうが、わたしにとってはタイトルある通りです。何のことだかさっぱりわからない方も多いでしょう。チベット密教のニンマ派にゾクチェンという修行法があるが、ゾクチェンを完成すると虹の身体を得るとされています。それは死の際に粗雑な肉体が空に還元されてしまい、最も粗雑な髪の毛と爪を残して、消滅してしまうという現象です。粗雑な物質が微細なエネルギーに還元され、空にとけ込んでしまうのです。五大元素という考え方がありますが、最も粗雑な地元素が微細な空元素に還元されてしまうのです。それは実際に起こりうることなのです。

そんな馬鹿な!と思われる方も多いでしょう。しかし、この事例は多く報告されており、現在でもこういった事例は存在しているようです。
ナムカイ・ノルブ著「虹と水晶」にはこの事例がいくつか紹介されています。一つ引用します。

ところがある日、役人が到着すると、家は閉め切られていた。何とか中に入ってみると、トデンの身体は修行用のソファに坐ったままになっていた。ただ、その身体は幼児の大きさまで縮んでいたのである。役人は非常に狼狽した。これをどう中国人の上司に説明すればいいだろうか、自分が何らかの形でトデンの逃亡を助けたのではないかと疑われる事を恐れた彼は、ただちに、その出来事を上司
に報告しに行った。

数日後、人里離れたその家に地方政府の高官全員とともに戻ってみると、トデンの身体は完全に消え失せていた。残されているのは髪の毛と爪だけだった。役人は、とまどう上司に説明を求められたが、古い経典に虹の身体の悟りを成就したヨーガ行者のことが出てくる。だが、それを目の当たりにすることになるとは、夢にも思わなかったと答えるしかなかった。

虹と水晶 179ページ~180ページ



この話はチベット動乱後だから少なくとも1959年以降の話です。だからものすごく大昔の話ではありません。近代にもこういった話が実際にあるのです。

虹の身体をえた行者は自分の死期を自分で選べるようです。生きるも死ぬも自在の状態です。そして、この世に戻らないのも戻るのも自在です。涅槃に入ってしまってもいいし、またこの世に降りてきて人々を救う活動を行うこともできます。これは通常の死というものとは呼べない境地と言えるでしょう。

死は忌むべきものや恐ろしいものであるという考えが強いですが、虹の身体を得る境地に至った魂にとっては、恐れるものでは全くないのでしょう。逆に素晴らしいものであると感じられるのかもしれません。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。