スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガの実態

私は最近は指導をしていないが、ヨガインストラクターの端くれである。そんな私は体が固くても大丈夫どころかいまだに固い。

ヨガの初心者の人がよく言うことで、「私は体が固いんですけど、ヨガをやるのは大丈夫でしょうか?」といった類のことがある。そんなとき私は「体が固いほうがいいくらいですよ」と答えることにしている。これは奇をてらったものでもなんでもなく、初めから柔らかい人はポーズが形の上ではすぐにできてしまい、自分の心身の状態を観察することをしなくなってしまう。固い人の場合は、すぐにポーズがとれず、心身と向き合わざるを得なくなったりする。自分の心身と向き合い、観察することが、実は大切であったりする。

そもそもヨガといえばアーサナと呼ばれるポーズがヨガなのだ、というイメージが定着しているが、本来はポーズは呼吸法や瞑想がきちんとできるための準備段階にすぎない。それがきちんとできて、指導できる人がインストラクターとして活動しているのが昨今であるが、それは本来のヨガの姿からはかけ離れている。元々は美容や健康ではなく、心身を整え心の働きを止滅させていくものがヨガである。こういうとああだこうだ言う人もいるかもしれないが、それが真実なのだからしかたがない。

私が指導するときはアーサナももちろん行うが、呼吸法や瞑想の時間も長くとる。こういった指導をする人や場所は、今の日本では少ないだろう。私が指導をした教室などに参加した人は、抱いていたヨガのイメージと違ったという人が多い。しかしアーサナだけでは得られないものがあると感じる人も多い。

私の知り合いにも何人か呼吸法や瞑想を重視して指導をする人もいる。私も含めてそういうタイプの指導者は、体が固い人が多い。私は前屈と開脚が全然ダメである。知り合いも似たようなものである。しかし、体が柔らかいがポーズしか知らないインストラクターよりは、ヨガの本質を掴んでいると思っている。体が柔らかいことよりも、心を静め、心身を整えることの方がより大切である。

私は体は固いが、姿勢はいい。ポーズをとるときでも、座って呼吸法や瞑想を行うときも、背骨を真っ直ぐにすることは重要である。これに関してはそんじょそこらのインストラクターよりはきちんとしていると思う。それに私は年齢より若く見られるし、肌もきれいであるとよく言われる。これは私の知り合いもそうである。ヨガをすることで若返りの効果はあるとは思う。そのためにはただポーズをとるだけではなく、ヨガを行う上でやった方がいいこと、やらないほうがいいことをきちんと守り、心を落ち着かせることが大切だと思う。ヨガはポーズをとるものだけではなく、より深みがあるものである。
スポンサーサイト

目の疲れと瞑想を終えるときの技法

1. 両手の手のひらをこすり合わせて、手のひらを温めます。

2. 手のひらに窪みをつくり、両目を覆って光が入らないようにします。眼を開けて暗闇を1分間見つめます。

3. 眼を閉じて目の前の状態の変化を確認して、手を離してもう一度目の前の状態をしっかりと確認してから目を開けます。

※手のひらは重要なエネルギーの出入り口です。最初に手のひらをこすり合わせることで手のひらが温まり、目の疲労回復効果が高まります。

※パーミングの間は、目の前の細かな変化をしっかりと観察してください。
そのためには、まぶたが手のひらにあたらないように調節しましょう。
指のつけ根が眉の上あたりにくるようにして、鼻の両横もしっかりとふさぎます。

メルマガ 成瀬ヨーガ通信 【Vol.52】




この技法は、最近習っているヨーガのところでも行っていたが、成瀬氏の所でも行っているようである。これを最近知ったということは、私の知識にも偏りがあったわけである。

手のひらをこすりあわせると、氣が発生する。それを目のあたりにやると、疲れがとれるのはその通りであると思う。気功でも同じような技法が存在する。

また、私が学んでいるところでは、休息のポーズであるシャヴァアーサナを終えて、体を起こす前や、瞑想を終える前にこれを行う。シャヴァアーサナや瞑想を行うと、心身共にリラックスする。その状態から普段の心身の状態に戻る必要がある。その際にパーミングを行って、意識を戻していくのである。熱を感じることで、肉体や意識が普段の状態に戻ってくる。そこからあわてずゆっくりと意識を戻していく。あわてると深い意識から浅い意識に休息に戻ることになり、そのギャップがあまりよい影響を与えない。深海から急に水面に戻ろうとすると問題が生じるのと同じようなものである。

私は視力はいいが、目は良く疲れる。また瞑想を行って、さっと戻ってきてしまうことがほとんどだったが、それではまずい気もしていた。これからはパーミングを行って目の疲れをいやし、瞑想にも役立てようと思う。

ヨガについて

今回はヨガについて。

ヨガと言えば、日本では色々なポーズをとるイメージがありますが、それはヨガの一部にすぎない。
いくつかの流派を見てみる。

1 ラージァ・ヨーガ  サーンキャ・ヨーガつまり古典ヨーガの系統をひくもので、心理的な操作を中心とする。心のコントロール、解析などが中心的な問題となる。

2 ハタ・ヨーガ   これは肉体的、生理的な鍛錬を通して、解脱へいたろうとする。日本でのヨガのイメージは、このハタ・ヨーガの技法が中心となる。

3 バクティ・ヨーガ  インドの聖典「バガヴァッド・ギーター」の流れをくむ主情的な流派で、人格神への献身的な信仰を中心にする。

4 ギヤーナ・ヨーガ  ヴェーダンダ哲学をその理論背景とする哲学的思索を中心とした流派。

5 カルマ・ヨーガ   社会の中での活動を通じて解脱を得ようとする行動的、意志的な流派。

6 マントラ・ヨーガ  マントラすなわち呪文、真言を唱えることを軸とする。

7 クンダリーニ・ヨーガ  尾てい骨のあたりに眠っているクンダリーニを覚醒させ、そのエネルギーを活用していく流派。

このようにヨガと言ってもいろいろある。そして、ここにあげたものは、身体が中心ではなく、心を中心とおく。私が自分で行ったり、指導をするヨガは、心を中心としたものである。日本でのヨガのイメージは、あまりにも偏りがあると言わざるを得ない。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。