スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わけがわからない内容でも楽しめるものだ

私は一人で映画を見に行くのが好きだが、子供の頃はそんなことができるはずもなく、親や親せきと行くか、友人と共に映画館に行っていた。70年代後半にはいわゆるSF大作が多く封切られ、その代表だったのが「未知との遭遇」と「スターウォーズ」だった。どちらもアメリカで同じ年に封切られ、翌年日本でも公開された。どちらも大評判となり、大きな話題になっていた。私は「未知との遭遇」を親戚のおじさんに連れて行ってもらい、「スターウォーズ」は友達と一緒に見に行った。「スターウォーズ」は子供にも面白く、その時の衝撃は今でも忘れられない。対して「未知との遭遇」は、小学生には少しわかりにくく退屈だった。それでもラストの30分ほど、人類と異星人との邂逅の場面は印象深く、マザーシップが登場してからは圧倒されていた。「スターウォーズシリーズ」は、その後にも全部みてしまい、「未知との遭遇」大人になってから改めて見ると、とても面白かった。


「スターウォーズ」を単なるSFや冒険活劇で、単純な勧善懲悪ものと思っている人も多いかもしれない。しかしその背景には神話がある。「スターウォーズ」は新たな神話である。これは私が勝手に言っていることではなく、「スターウォーズ」の監督であるジョージ・ルーカスが言っていることである。 スターウォーズの神話学 前編  後編  「スターウォーズシリーズ」が未だに多くの人に愛され、歴史に残るものとなっているのは、面白い映画であることは当然として、実は奥深い作品であるからである。スピリチュアルなことに関心がある人は、「マトリックス」を大抵見ているが、なぜか「スターウォーズ」を見ている人が案外少ない。それは「スターウォーズ」が新たな神話であり、神秘的な物語でもあることを知らない人も多いからだと思う。


「未知との遭遇」は宗教映画という感想をいだく人も少なくない。異星人との遭遇、マザーシップ降臨の場面では、神々しさすら感じられる。スピルバーグもそれを狙っていたのではないかと個人的には思う。日本人のほとんどは気づいていないが、ハリウッド映画は宗教的な要素を盛り込んでいるものが多く、「未知との遭遇」は直接的に宗教を描いていなくても、宗教的な感覚を観客に呼び起こす。「未知との遭遇」を見て、前半は退屈した人でも、最後の30分は肯定するにしろ否定するにしろ、強烈なインパクトがあるだろう。映画には見ている人の深層心理に強い印象を与える。それは時にはスピリチュアルなものでもある。映画は総合芸術であり、トータルに人の心理に影響を与えうる。


そしてSF映画の金字塔といえば、「2001年宇宙の旅」であり、「スターウォーズ」と「未知との遭遇」はリアルタイムで見たが、2001年は公開されたのは私が生まれる一年前なので、リアルタイムでは見ていない。ビデオやDVDで何度も見たが、ストーリーはわかりやすいとはとてもいえない。いやそれどころか多くの人がさっぱりわからないという感想を抱くだろう。私も何度2001年はさっぱりわからない、という声を聞いたことか。そのわかりにくさは、説明がほとんどないという点が大きい。ラストは何の説明もなく主人公の乗っている宇宙船が光のトンネルに入り、しばらくその中を移動していき、老いて病んでいき、最後はスターチャイルドとなって地球を見るカットで終わる。「これはいったいなんなのだーーーー?!」と見た人のほとんどが思うだろう。しかし私は光のトンネルは内面の旅であり、主人公は生老病死を体験し、最後は再生したのだと解釈し、わけがわからないということもなく、深い余韻に浸った。これは私個人の解釈であり、これが正解というつもりはない。監督のキューブリックには明確な意図はあったようだが、説明がないのでそれは映画を一度見ただけではわからない。それはそうとしてわけがわからない映画でも深層心理に強いインパクトを残し、楽しむこともできる。だから私は一見わけのわからない映画も好きだし、それを大いに楽しんでいる。


今月「エヴァンゲリヲン 新劇場版 Q」を二度見た。一度目は映画の日に一人で、二度目は知り合いが見に行きたいというので、一緒に見に行った。私はエヴァの長年のファンであり、非常に評価している。その一方でわけがわからない、という人たちがいるのもわかる。それは監督の庵野秀明が説明を作中であまりしていないからである。エヴァ好きの知り合いとも話したが、説明がされていないところは、「なぜそうなのだ?」と聞かれても答えようがない。監督に聞いてくれとしか言いようがない。という共通の見解だった。一緒に見に行った知り合いは、映画を見終わってから話を聞いてみると、途中までは何とかついてこれたが、最後の方はもうわけがわからない。と少々憤慨していた。私がこれはこういうことだと説明できる範囲で説明したが、それでも納得が言っていない様子で、あまりにも説明が足りなくて不親切だと言う。その感想も致し方がないだろう。


しかし私はストーリー的にまるで補完されていなくても十分に楽しむことができた。映画館で映画を見ると映像と音の迫力がものすごいが、それに良い意味で圧倒される。エヴァの新劇場版では映像が非常に進化しており、見ているだけで変性意識状態になる。私はそれだけでも十分に楽しめる。そしてこれは監督の意図していることではないだろうが、私はエヴァで覚醒のプロセスを描いていると感じた。


劇中でも覚醒という言葉が使われているが、それは精神的や霊的に覚醒したという意味で用いられているわけではない。しかし私はそういう意味での覚醒のプロセスが描写されているととらえた。エヴァが覚醒し、フォースインパクトが起こりそうになる。その時に天が開き七色の光が輝く。そして外界は大きく破壊される。霊的な覚醒において、頭頂が開き光が輝く体験がある。そして内面が大きく乱れ、今までの自分が破壊されていくような感じがすることもある。これはあくまでも途上であり、本当に覚醒してくると特別な体験もなくなり、内面も静かになるが、途中のプロセスとしてはそのような体験を通過していくこともある。庵野秀明は何らかの覚醒体験といえるようなこと、霊的と思われる体験をしてはいるのだろう。そうでなければあれだけの映像や音を表現することは不可能である。


余計な説明を入れないことで、イマジネーションは広がっていく。限定された世界にとどまらず、自由で広がりのある世界が展開される。そもそも理解できないというのは思考の世界であり、思考を超えてしまえば理解できるできないという二元から解放され、ただそこには言葉では言い表せないものが残る。優れた映画はそれを体験できるものという見方もできよう。このことをもっとうまく論理的に表現できる人もいるかもしれないが、今の私はあまりそういう方向い意識が向かわず、ただただすごいものはすごいとしか言いようがない。ただし映像がただすごいとかそれだけで思考を超えたところに到達できるわけではない。背景に何らかのスピリットがあって初めてそのような至高体験をすることができる。


本当に覚醒してくると、一切が明らかになってくるだろう。しかし、その全段階として「何が何だかわからない」という感覚も大事だと思う。そこを通過して初めて全てが明らかになってくるのだと思う。「何だかわからない」という感覚を人はないがしろにしがちだが、その中にこそ叡智が潜んでいることも少なくはない。そして優れた映画はそれを喚起させるものであり、そういう映画こそ後世にまで語り継がれるだろう。それはヒットしたとかしないというのは直接の関係はない。そのような映画に巡り合えるかどうかも、その人の感性によって決まってくる。
スポンサーサイト

籠から飛び立つカナリア

もう一、二か月前のことだが、映画「カナリア」を見た。無差別テロを起こした教団をモデルにしているのは明らかで、それなりに取材をしていたと思われた。ヒロインがまだ10代のころの谷村美月で、なかなか初々しかった。谷村美月ファンは見ておいた方がいいだろう。


それはともかく、映画の中で主人公とその母親の対話があり、それが印象に残った。主人公の一家は家族で出家をし、母親は幹部にまでなった。主人公の少年は、最初は反発しながらも、徐々に教団に染まっていく。しかし、やはり親子の情はそう簡単に切れるものではない。


ある日主人公が罰を受け、独房に閉じ込められる。そこに今や教団の幹部となった母親が独房のすぐ近くまでやってきて、息子に語りかける。それは私もつらいけど、一生懸命修行していればそのうち楽になり、全てうまくいく。だから頑張って修行してほしい、といったことだった。私はそれを聞いて、典型的カルト的思考であると思った。


カルトでは自分は穢れており、それを自分自身が修行をしていき浄化していく、そしてそれだけでは駄目で、教祖やグルの力によって救われていく。未来に解脱や悟り、救いというものがある、このように説かれ、信者はその見解に染まっていく。しかし、目覚めは未来に起こるものではなく、今ここで起こるものであり、他者の力によって未来に救われるのでもなく、本当は今この瞬間に救われている。しかし、カルト的思考にはまると、そこからどんどん遠ざかってしまう。


かつては私も完全にカルト的思考にはまっており、映画の中の登場人物たちと同じ思考パターンだった。しかしそのループから離れることで、非常に楽になった。私たちは己をわざわざ縛り付けて苦しむ必要はないのである。


映画「カナリア」はエンターテイメント映画ではないが、なかなか興味深い作品であり、宗教的なこと、精神的なことに関心のある人は見て損はないと思う。



カナリア [DVD]カナリア [DVD]
(2005/10/28)
石田法嗣、谷村美月 他

商品詳細を見る

いちいち意味づけをなさない

先日SPEC 天を見た。平日なのでガラガラかと思ったが、確かに空いてはいたが、思ったより人が入っていた。ドラマの視聴率は今一つであり、映画も売れるかどうか少々危惧していたが、現時点において日本で公開中映画の第一位であり、このままでは興行収入が二十億円超えは確実で、うまくいけば三十億にまで至るとのこと。あのマニアックな内容で映画がヒットするのも驚きである。ドラマを見続けていたコアなファンが多いのだろうが、先日放送されたスペシャルドラマで新たなファンとなった人たちもいるのだろうか?


相変わらず色々と小ネタがあったが、「やせたーーい、でも食べたーーい。食べたーーい、でもやせたーーい。そんなあなたに○○○○○」というセリフというか音声が流れる場面があるのだが、これを聞いて私は声をあげて笑い出しそうになったが、周りが水を打ったように、しーーーんと静まりかえっていたので、ここで声を出して笑うと顰蹙かと思って笑いをこらえてしまった。何という小心者orz。このネタが分かる人は、SPECの主な視聴者であろう20代の人たちにはわかるまい。30代でも怪しいだろう。私はあるやせ薬のCMが瞬時に脳裏を駆け巡ったのだった。そのCMに出ていた人が亡くなったという噂を聞いたのだが本当だろうか?


そんなこんなで合間に笑いをちりばめつつ、物語はとんでもなく大きな方向に突き進んでいく。のっけから「ファティマの予言」が出てきて、ここまでオカルティックにするのか?!とも思い、登場するSPECも人間の大脳で眠っている部分が覚醒して発生するというレベルを超えて、もはや化け物としか言いようがないレベルにまで達している。そこに違和感を感じる人も多いようだが、私はそれはそれとして受け入れて楽しんだ。細かいことにいちいち引っかかっていたら、楽しめるものも楽しめない。


ドラマ版で明かされなかった謎が劇場版で明かされたが、さらに別の謎が登場し、それが回収されずに終わってしまった。そこで消化不良を起こす人も多いだろうし、私も続編はあった方がいいと思った。起承転結の転までは公開されたので、今後結が製作されるのか?それとも欠となってしまうのか?ドラマの視聴率だとこれで打ち止めとなる可能性があったが、映画がヒットすると続編が作られることになるかもしれない。人を集めるSPECの持ち主でも現れて、映画を大ヒットさせてくれないだろうか?


映画を見た人たちには概ね好評のようだが、「あれはどういうことなんだ?!」「あそこはおかしい?!」などという声も少なくないようである。確かに劇場版はドラマ版に比べると緻密さに欠けるかもしれない。しかし私はそういう点にいちいち目くじらを立てずにただ楽しんだ。映画では「このシーンはどういう意味なのだ?!」と悩んでしまうような作品も多い。有名な2001年宇宙の旅も冒頭や終わりの方など、わけのわからないシーンが続く。しかし、余計なことを考えずにただ観ていると、何か圧倒されるものがあり、魂に響いてくる。これぞ映画の醍醐味であると私は思う。


私が最も好きな映画監督であるアンドレイ・タルコフスキーの諸作品は、セリフも比較的少なく、象徴的であり、論理的に解釈するのではなく、感性でとらえるものである。論理的な説明を好む人には退屈であろう。しかし、タルコフスキーは論理や思考を超えたところに訴えかける。それこそが私たちにとって大切であり、また昨今失われつつあるものではないだろうか?


人は色々な解釈や意味づけというものをしたがる。そうでないと安心できないのだろう。しかし、それこそが本質から私たちを遠ざける。多くの意味付けやレッテルを取り払ったところに真実がある。仏教の教えを神髄の一つがそこにある。それは仏教に限らず、真実を露わにする教えの全てに共通するものだろう。


SPEC 天では確かに説明が足りなかったり、なされていない部分もあるが、それはそれとしてただ見て楽しんでもいいのではないか。ああだこうだ意味合いを考えるより、「ああ、楽しかった」とか「本当に感動した」と感じれる方がはるかに素晴らしいことだと思う。

一体何がまともで何がまともではないのか?

私は仏教でいう仏性が人には内在していており、人びとが互いに慈しみあい、平和な世の中になってほしい思うが、それとともに人には闇の要素もあり、ドロドロとした眼をそむけたくなるような面もあることもまた理解している。宗教的なことや、スピリチュアルなことに関心がある人は、人の闇の部分を直視しない人もいるが、それはあまりにもお目出度いと言わざるを得ない。それを理解し超えていくところに本当の愛や光があるものではないかと思う。


私は文学や映画も好むが、一過性ではなくてずっと評価が高く、後々にまで語り継がれる作品は、綺麗事ばかりではなく人の闇も描いている物が多い。そして私もそういった作品群を好む。今の時点で最後に映画館で見た洋画は「ドラゴン・タトゥーの女」で、邦画は「ライアー・ゲーム 再生」だが、どちらも人間の闇について掘り下げていて、どちらも面白かった。私は愛と涙と感動のラブストーリー・ヒューマンドラマという謳い文句の作品はあまり見ない。泣くという行為は悪いものではなく、時と場合によっては必要だと思うが、お涙ちょうだいの映画などには心を惹かれない。何かが違うと感じてしまう。


昨日は映画「クワイエットルームにようこそ」を見た。
http://www.quietroom-movie.com/


主演は内田有紀だが、蒼井優が出ているのでそれが目当てで以前から見たいと思っていた。また物語の主な舞台が精神病棟で、「カッコーの巣の上で」や「十七歳のカルテ」などと繋がるテーマのものかと思い鑑賞した。


ストーリーは以下の通り


28歳のライター佐倉明日香(内田有紀)は見知らぬ白い部屋で、拘束された状態で目を覚ます。現れたナースの江口(りょう)から「アルコールと睡眠薬の過剰摂取で運ばれ、2日間昏睡していた」と聞かされる。仕事があることもあり退院したいと訴えるが、担当医と保護者の同意がなければ許されないと冷たく返されてしまう。同棲相手で放送作家の鉄雄(宮藤官九郎)が見舞いに来て「胃洗浄をしたら薬の量が多すぎたせいで、内科から精神科に運ばれた」と告げる。こうして明日香の女性だけの閉鎖病棟生活が幕を開ける。


「食べたくても食べられない」入院患者のミキ(蒼井優)、元AV女優で過食症の西野(大竹しのぶ)など、個性的過ぎる患者たちに戸惑う明日香だったが、病院内のルールにも慣れ、患者それぞれの過去や性格を知るうちに、少しずつ馴染みはじめていく。患者たちは、簡単な買い物も電話も面倒な手続きが多いなど、何かと規則で縛ろうとする冷酷ナースの江口たちに不満を募らせていた。そんな折、鉄雄の子分のコモノ(妻夫木聡)が面会にやってくる。明日香が開けた原稿の穴はコモノが埋めたらしいが、その出来は最悪で、明日香は持病の蕁麻疹を発症させてしまう。江口たちは閉鎖病室<クワイエットルーム>の手配をはじめるが、毅然と江口たちのルール至上主義を論破し、勝利する。


この一件で人気者となった明日香。しかし、信頼していたミキの悲しい秘密を知ってしまう。ショックを受けた明日香が病室に戻ると、西野がコモノからの差し入れをベッドにぶちまけていた。しかも、鉄雄から明日香に宛てられた真剣な手紙を、西野が勝手に朗読し始める。明日香は西野を罵倒するが逆に追い込まれ、その騒ぎを聞きつけた患者やナースたちが集まりだす。その手紙で全ての記憶が蘇り、明日香がここにきた本当の理由が明らかになる……。



内田有紀もよかったが、脇役達の演技がとてもよかった。大竹しのぶは以前からすごい女優だと思っているが、ここでも人間の狂気を見事に演じており、あまりにも真に迫っていて驚くほどだった。この人はやはりただものではない。初めは人が良さそうに思えるが、実は一番たちが悪いという役どころを見せつけてくれた。この人は演じている時はその役になりきっている。それこそが役者というものだろう。


また目当てであった蒼井優は、ここでも本当にすごかった。主人公の明日香と仲良くなり、一見まともそうでいて、実はやはり病んでおり、静かな狂気を後半に見せ、その時は背筋がぞっとする感じがした。大竹しのぶ演じる西野は激しい狂気であり、蒼井優演じるミキは静かな狂気という対比が絶妙なコントラストとなっていたように思う。


ミキのセリフでとても印象に残っているものがある。トイレで誰かがゲーゲー吐いている。それが最初は西野だと思った明日香はドアの外から話しかける。しかし、トイレから出てきたのはミキだった。ミキは明日香に気付くと近寄っていき、秘密を打ち明ける。



(ミキ)
「明日香だけに教えるね。私が一食食べた分、世界のどこかの価値の
ある誰かの食事が一食減るんだ。そのシステムに気づいちゃったから。


だから私は食べられないの。私が食べないのは意味があることなんだよ。
明日香と同じだよ。まともなのに、ここにいるの。システムが悪いだけ。


ホント ホント」



それを聞いた明日香は激しく動揺する。まともだと思っていたミキが、やはり他の患者たちと同じように病に冒されていた。私はこの場面を見ていて、蒼井優の演技のすごさも相まって、心の奥底が凍りつくような感じがした。ミキは自分は周りとは違い、まともなのでありシステムが悪いのだと信じ込んでいる。しかし、今の人間社会において、ミキの言動は狂気とされ隔離されてしまうのがおちである。ミキはそれをあくまでも自分が悪いのではなく、システムのせいにするだろう。そうしている限り、ミキが病から解放されることはない。


しかし、ミキの言うことはただの精神病患者のたわごとであり、患者でない私たちがまともで、システムは正常に機能している、と断定できるものなのだろうか?


もちろんミキの言うことを全面的に肯定し、「ミキこそが正常であり、システムが悪い、狂っているのである」としてしまうのも暴論である。ミキの言っていることは極論ではある。だが、それを単純にミキの言っていることはおかしい、間違っている、としてしまってもいけないように私は感じた。ミキの言っていることを普段全く考えない人が大半だろう。中にはミキがいうシステムのことと同じようなことを考えたり、気付いたという人もいるかもしれない。これらの見解はお互いに会い交わらないだろうが、自分は正しくて相手は間違っていると排斥しあうのではなく、単純に認めあうのでもなく、まずは自分の考えを客観的に見つめて、それ以外の見解にも偏見を持たずに耳を傾けることが必要だと、映画を見終わってから考えた。


映画の題材はそれなりにへヴィーなものだが、随所に笑いもちりばめられていて、深刻になりすぎず、能天気でもなく楽しめることができる。グロい場面も多いのでそういうのが苦手な人にはお勧めできないが、人の闇や狂気についてしっかりと見据えようという人はぜひ見ていただければと思う。

ブラック&ホワイト

私はかつて純粋で光輝く存在であろうとして、色々なことを抑え込もうとしてきた。一般的に三代欲求とされる、食欲、性欲、睡眠欲をはじめ、あらゆる欲求、煩悩を封じ込めようとしてきた。食べ物を極端に制限してきた時は、一日中食べ物のことが頭に浮かび、なんでも食べてしまえるような気がした。そんなときに目の前に食べ物が山のように置かれた時、すごい勢いで貪りついてしまい、急に食べ物を詰め込んだため腹痛をおこし、その場でのたうちまわった。それでもしばらくすると、また食べることに意識が向いてしまっていた。

欲求に翻弄されていてもまずいが、無理に抑え込んでも大変なことになる。どこかで反動やひずみが生じてしまう。私は無理に抑え込んでいた時には、どこか人格のゆがみが生じていたと思う。その影響は今もまだ完全には払しょくされてはいない。純粋であろう、完璧であろうとすればするほど、破綻も生じていく。

数字つ前のことだが、映画「ブラック・スワン」が上映されていたら見ようと思っていたが、最寄駅近くの映画館でちょうど上映されていたので見ることにした。知り合いが「ブラック・スワン」を見て感想を書いており、また以前から見たかったのでちょうどよかった。「ブラック・スワン」は人の闇の要素について描かれており、別の知り合いから私自身の闇のことについて指摘があり、そのことについて新たに見つめ直す必要も感じていた。

ナタリー・ポートマン演じる主人公ニナは、バレーカンパニーに所属し、白鳥の湖の主役に抜擢される。ニナは踊りの技術は確かだが、純粋な光の象徴である白鳥を踊るには最適だが、闇をあらわす黒鳥を踊るのは難しかった。母親との関係性もあり、自分を抑え込んでいたニナだが、だんだん自分の中にある要素があらわになっていき、精神が崩壊していく。様々な出来事があり舞台初日を拍手喝采の中で終えるのだが。。

人間は誰でも光と闇の要素を内在させている。しかしそのことに無自覚である。闇から目をそらし、それをないものにしようとしても、それはなくなることなくかえって闇に取り込まれていく。そのことを映画を見ていて改めて思い知らされた。光と闇というのはあくまでも二元的であり、両方が統合されていくのが本来のありようである。ニナの統合は大きな犠牲を生じさせてしまったが、両方をきちんと見つめ、受け入れていければ犠牲を払うこともなく両者が統合されていくように感じた。

スピリチュアルな世界では、光のことばかり言及されて、闇について向き合っていな人も多いような気がする。しかしそれではバランスを欠いてしまう。この世は二元であり、光と闇両方存在するのが当たり前である。闇を排斥したら、闇から逆襲される。どちらも見つめていくことが大切である。

ナタリー・ポートマンはこの映画でアカデミー主演女優賞を受賞したが、それも納得できる。ある程度のエログロの要素もあり、万人にはすすめられないが、単純に映画を見て楽しみたいというのではなく、しっかりとした作品を見たいと言う方は、ぜひ「ブラック・スワン」を見ていただきたい。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。