スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマと魂のブループリントとの違い

それでは最初に、ブループリントとカルマの違いについて話そう。

魂のブループリントは、多くの生にまたがってデザインされている。輪廻転生のサイクル全体を通してデザインされていて、ある特定のデザイン、つまりブループリントが成就する様に創られている。

魂がそのデザインされたものを成就して完結すると、そのブループリントに描かれた全体像が完成するので、魂は輪廻転生の輪から抜け出す。

これはより高次のレベルに属するもので、つまり神のデザインだ。存在あるいは創造主によってデザインされたとも言える。魂が生まれた理由がそこにある。

ある種のパターンや体験、その存在特有の表現を成就する様にデザインされており、それはたくさんの生を通って完成されて行く。

それはちょうど、ある人が医者になろうした場合に例えられる。

その人は何年ものトレーニングが必要であり、それが成就して初めて医者になる様なものだ。

医者としてのブループリントが完結して初めて、その人はブループリントを体現した医者となる。

魂もそれと同じだ。

それがブループリントだ。

多くの生に渡っている。

究極の天命、究極の可能性の事であり、「そもそも何故魂が創造されたのか?」と言う、まさにその理由がここにある。

カルマとは、魂が現象世界に触れる事で創られていく出来事の事だ。

あなたがこの現象世界の中にいる時に創られる。

あなたがこの人生にやってきて、関係性や様々な体験、成功や失敗等、あなたが現象世界で触れる全ての出来事は、原因と結果の関係を生み出す。

ブループリントは、どの生においてもあなたの魂の基盤として既に存在している。

一方カルマとは、それぞれの生の中でその都度あなたが集めるものだ。

従ってそのカルマは、あなたのブループリントの成就を遅らせる事も、あるいはそれを早める事も出来る。

あなたがカルマに無意識だと、もっともっとカルマを集め続ける。そうしてそれによって魂のブループリントから逸れてしまう。

だから結局は、再びこの生に戻ってブループリントを成就する必要がある。

それが魂としての定めだから・・・。

しかし、カルマを通り抜ける事で賢くもなれる。

そうすればこの地上で生きる際に「これは本当の私ではない」「ここは私に必要な場所ではない」という事を、カルマが教えてくれる様になる。

だからカルマの法則は、あなたの意志の力がベースとなっている。

あなたの自由意志で、あなたが何をする必要があるかを選択する事で、カルマが創られる。

しかし魂のブループリントとは、「もともと本来のあなたは誰で、究極的にあなたはどの様になるのか」という事だ。

例えばOSHOとラマナ・マハリシは、エッセンスは同じだが違ったブループリントを持っている。

OSHOがどの様に光明を得たのかは、ラマナのそれとは非常に違っている。

そして彼らは、光明を得るまでに多くの生に渡ってたくさんのカルマを通り抜けて行った。

OSHOのカルマ、ラマナのカルマ、仏陀のカルマはそれぞれ非常に違う。

彼らの自由意志による選択としてのカルマが、それぞれ非常に違うからだ。

しかし究極的に彼らが成就したもの、それがブループリントだ。

魂のブループリントは、神の意志だ。

しかしカルマは、あなたの自由意志だ。

例えば私があなたに働きかける時、カルマにワークする事も非常に大切だ。

何生にも渡って「探求」をし続けていても、その人のカルマがブループリントと整合しないと、その人は何処にも到達しない。

カルマがあちらへ向いているのに、ブループリントが実際はこちらへ向いている場合、到達は不可能だ。

だからこそ人々にガイダンスを与える事が、極端に重要になってくる。

それなしでは、誰も本当には到達しない。

しかしあなたが私に従っても、何処にも到達しない。

あなたは、あなた自身に従う必要がある。

つまり、あなたの魂のブループリントに従わねばならない。

解るかな?



カルマとは仏教でもまたスピリチュアルな世界でもよく言われることであり、またブループリントもカルマほどではないですが、そのことについて言及する人たちもいます。フーマンによると、ブループリントが神の意志であり、カルマが自由意思ということになります。


カルマは存在しないという見解もあり、究極的にはその通りでしょうが、ほとんどの人がカルマに縛り付けられているのも事実であり、カルマを理解し働きかけることも、最初のうちは必要だと思います。


そして魂のブループリントを把握していない人もほとんどですが、ブループリントを理解しそれに従うこと、そのことをフーマンがここでは言っています。従うというと消極的だったり、依存的だったりと否定的なイメージがありますが、ここでは他人や外側の存在に従うのではなく、本来の自分自身に従うことであり、それはとても大切なことでしょう。


それはそれとして、カルマやブループリントのことにあまりとらわれすぎるのもどうかと思われ、自然にあるがままに、今ここにただ在るということを理解し実践していけば、自ずからブループリントも理解できるのではないかと、近頃は感じています。


スポンサーサイト

恩寵の扉が開くまで Part2   4、ハワイでの個人セッション(第2回)   (4)漂いなさい   


4、ハワイでの個人セッション(第2回)



 1日目(2003年7月11日)


 (4)漂いなさい


キ:数年前に比べて、なんだか「怠け者」になりつつある感じがするのですが、、。



フ:それでO.Kだ。

その「怠け者」という感覚は、あなたが自分の「意志」で物事をするという感覚を失いつつある事から生じている。

「怠ける」という感覚は、マインドの一部が落ちつつある事からやって来ている。

なぜならあなたの「意志」と「マインド」は繋がっているからだ。

「マインド」が落ちるに従い、「意志」は弱まる。







あなたの中で「あれがしたい」「これが欲しい」という欲求や衝動が、以前と比べて少なくなっているはずだ。

なぜなら、あなたは今「自然な状態」にあるから・・・。

あなたのビーイングは、ただ在ろうとしている。

あなたはそれほど多くの物事をしたいとは、思わなくなっている。

スピリチュアルな物事でもそうだ。

今のあなたにとって、たくさんの事をやり過ぎるのは危険だ。





キ:そうですか!?





フ:漂いなさい。

今はとても、微妙で繊細な時だ。

あなたがシフトして、真実の自己へと開きマインドが落ち始める時は、リラックスして漂う必要がある。

あれやこれやと、マインドを通してする事(Doing)は良くない。

ヨガビジャがあなたにヒーリングをする事を勧めたのは、あなたのビーイングがリラックスする事を、もっと許せる様にだ。





よりハートが開けば、マインドと意志はハートへと引き込まれる様になる。

そうすると、もっと自分に寛いで楽でいる感覚がやってくるだろう。

それがとても重要だ。

今年、来年、再来年の3年間は、ただ漂いなさい。

やり過ぎる事は、全く良くない。





非常に微妙な時期だ。

マインドの根はまだ存在している。

やり過ぎると、マインドへまた戻ってしまうだろう。

前回のハワイのリトリートで、あなたの中のやりて(Doing)の部分を取り除いた。

だからあなたはそれほど忙しく動く事は出来ないはずだ。

あなたを行動へと駆り立てる衝動が、もはやなくなりつつある。

たとえ一生懸命に頑張ろうとしても、頑張れなくなりつつある。

その様に感じるだろう?





キ:ええ。





フ:古い人格としてのあなたが、それほどいなくなりつつある。

だからあなたに今必要な事の全ては、ガイダンスに従い、このシフトを継続させ続ける事だ。

リトリートをする度に、愛を感じる度に、シンプルさを感じる度に、このシフトはより広がって行く。

それは赤ん坊の様に、成長して行く。

しかし、自分に厳しくしたり、先の事を心配し過ぎたり、考え過ぎたりすると、この赤ん坊は成長を止めてしまう。







これが、あなたの今の状況だ。

何生にも渡って、ようやくあなたはこの地点に到達した。

だからそこに止まって、その状況と共に漂いなさい。

あなたにとって、古い道はサムライの道だった。

その反対の道に、今あなたは位置している。







しかし必ずしも、「全く何もしないで過ごせ」と言う訳ではない。

そうではなく、「物事を非常にリラックスしたやり方で行いなさい」という事だ。

やり手(Doer)の部分を見つけない様に。

やり手の部分を手放しなさい。







これは、何生にも渡った末にようやく与えられた贈り物なのだ。

この贈り物を、あなたの中の神聖な場所にキープし続ける必要がある。

そしてよくその事を理解して、ゆっくりと成長させなさい。







今後はリトリートをする度に、このシフトがどんどんと開いて行くだろう。

それは色々な形を取るけれど、いつでもその赤ん坊が成長するプロセスなのだ。

時には喜びに満ち溢れ、時にはとても深く静かに、時には愛に満ち、時にはただの普通である事を感じる。しかしそれらは全て同じものだ。





今回あなたがここへ来た理由は、この事を知るためだ。

この事を明確に理解して、あまり考え過ぎない様に、、。

ただ手放して、明け渡す。

今は、神へ、光へ、真実のあなたへ、存在へ、完全に明け渡す時だ。







何に対しても、抵抗したり無理強いしたりしてはならない。

物事を無理に起こそうとしてはいけない。

ただ漂って、ワークする事とワークしない事、瞑想する事としない事、愛に満ちる事と普通でいる事、その完璧なバランスの中に居なさい。




私たちはつい何かをすることを大事なことだと思い、doingに走ります。もちろん私たちが何かをしていないと問題であることは多くあるでしょう。しかし、あまりにも何かをすることにとらわれていると、マインドの働きに巻き込まれていきます。本来の私たちはリラックスしていてただ在るというものです。何かをすることに支配されていると、そのことを忘れ去ってしまいます。


近頃どうも何かをするということに対して、以前ほどこだわりがなくなってきています。怠け者となったような感覚であり、単なる無知な状態なのかもしれませんが、ただぼけっとしているだけでなく、気づきは保たれているので、フーマンが語っているシフトが起こりつつあるのかもしれません。


問題と思われることが生じると、つい抵抗したり無理に起こそうとしてしまいがちですが、それこそエゴの罠であり、益々悪化してしまうものです。何かをすることに慣れていると、ただ漂うことがとてもあやふやでそれでいいのか?と思ってしまいますが、真実の私たち、大いなる存在といったものに明け渡していくと、ただ漂うことで問題も解決していくし、そもそも問題とは何なのか?ということになっていきます。

恩寵の扉が開くまで2   (3)ヴァサナ

4、ハワイでの個人セッション(第2回)



 1日目(2003年7月11日)


 (3)ヴァサナ



フ:あなたは非常に強いマインドを持っている。

それから、子供の時からの古い感情を持ち運び続けている。

それは古い傷だ。

そうした傷の一部は、あなたの鼻腔と繋がっている。



キ:本当ですか!?



フ:そう。

この鼻腔は感情と強く繋がっていて、流されなかった涙がここに滞ってしまう。

子供の時の非常に繊細で傷つきやすい感情は、マインドの奥底に潜んだままになっている。

それが自己にワークし続ける事で、ある時期にだんだんと表面に現れる。

だからあなたの「蓄膿症」は単に肉体の問題ではない。

あなたの感情やマインドの根源の部分と大きな関係がある。





小さな子供時代の傷や罪の意識、抑圧された感情等が、マインドの潜在的傾向として、ヴァサナとして潜んでいる。

マインドが落ち始めるにつれて、こうした感情の根の部分がだんだんと表面に浮上し始めて、いつも泣いてばかりいるとかといった現象が起こる。

そして時には肉体的な症状として現れ、倦怠感や腹痛、頭痛等を感じたり、人によりその症状は様々だ。






それが今、あなたに起こっている事だ。

それは単なる肉体的な問題ではないが、医学的治療はしっかりと受ける必要はある。

今あなたにとって大切な事は、「リラックス」する事だ。

シフトは、昨年もう既に起こった。

今は、「漂う」(Flowing)という事が大切だ。






体が病気だったら、それと共に「漂う」。

瞑想する時は、ただそれをする。

アジズや私のオーガナイズをする時は、ただそれをする。

自分に対して穏やかに、本当に穏やかに優しく接する事が大切だ。



{アジズ&アナンダのイベントも無事終了して、何の問題もないはずの時期に思いがけず体調を崩したので、この理不尽な状況から脱却すべく不安と焦燥に駆られていた。フーマンから「ヴァサナの浮上」という説明を聞いて安心し、「蓄膿症」という不快な症状を取り除くのではなく、それを受け入れて歓迎する態度へと自然に変化した。するとあれ程しつこかった症状が、程なく消え去ってしまった。
「潜在意識に潜む傷(トラウマ)は、意識の表面に現れて初めて消え去る」とOSHOは語り浄化の重要性を説いている。
病気と心理的トラウマには深い相関関係があり、病気を上手く経過させる事で過去のカルマを解消させる事も可能だ。
但し肉体的病気に関しては医学的治療も受けるべきである事をOSHOも明言しており、全てを浄化と捉えて医療を一切拒否する態度は慎む必要がある。}




内面の問題点が肉体的な形や表面に浮上してくることで浄化されることはよくあります。それはとても大事なことであり、それによって気付きも深まるし、根源的な問題が解決していきます。私もこういうことは何度も体験していますが、それによってその時は苦しみも感じますが、浄化されると本当に楽になります。こういう時は下手に抵抗するのではなく、フーマンが語っているようにリラックスして「漂う」ことが大切なようです。抵抗するときついですが、「漂う」ことができると案外楽に浄化が進みます。


またここにも出てきますが、肉体的病に関しては、現代医療を拒絶するのではなく、必要な場合はやはり治療を受ける必要があるでしょう。瞑想する人で医学的治療を拒絶する態度の人が見受けられることがありますが、それは度が過ぎると智恵のある態度とは言えません。治療を拒むことで本来ならもっと早く治るところが時間がかかったり、治らなくなってしまったケースもあるので、医療を一切拒むことは時には自殺行為となりかねません。

恩寵の扉が開くまで2   (2)自己理解(Self-Realization)の始まり

4、ハワイでの個人セッション(第2回)



 1日目(2003年7月11日)


 (2)自己理解(Self-Realization)の始まり

 

フ:オーケー。

それが起こると、このシフトにはそれぞれ違ったレベルや段階がある。

アジズや他の教師と、あるいは一人でリトリートをしても、あなたの中で開いたこのシフトは、さらに広がりより深くなって行く。

このシフトこそが、あなたが長い間待ち望んでいたものだ。

恐らく何生にも渡って待ち望んでいた。

それが、マインドから何かマインドではないものへのシフトだ。





以前にOSHOや他の教師といた時も、その一瞥は既に何度も得ていたはずだし、ハートの体験もしていた。

しかし、今度の体験は本当のシフトだ。

あなたの中の「私」という感覚が、キヨタカから何か別のものにシフトした。

それが昨年ハワイで起こった事だ。





だからその起こったシフトを、今後どのように育んで行くかが非常に重要だ。

今後はリトリートに限らず、何であれスピリチュアルな事をする度に、そのシフトによって開かれた中へと、あなたはどんどん深く入って行く。

そしてその体験は、その時々で違った形を取るだろう。

本当のあなたは(それはノーマインドであるが)、例えば「純粋な気づき」に限定されるものではない。
「絶対状態」であったり、「純粋な愛」であったり、様々な違った要素を持っている。





しかしそれらは同じものであり、同じエッセンスだ。

その事が解るだろうか?

その事について、決して混乱してはならない。





今後どんなシフトや違ったレベルの体験を通り抜けて行こうとも、それは同じエッセンスの変化だ。

つまりキヨタカではないもの、個としての自己ではない「より広がった自己」の変化で、それは同じ
である事を知りなさい。






これが自己理解(Self-Realization)の始まりだ。

自己理解とは、真実の私(True Me)つまりキヨタカではない自己を理解する事であり、それには違った姿がある。

時には「強烈な愛」として、時には「存在の神秘」として、時には「源泉での深い寛ぎ」として、そして時には「理由のない幸せ」として体験する。






しかしそれらは同じだ。

つまり同じものが違った顔つきをしているという事だ。

この事が分るかな?




キ:ええ、なんとか、、。





フ:この事は非常に重要だ。

このシフトが起こって初めて、「スピリチュアルな道」が本当に始まる。

それまでは、あなたはただマインドの中にいる。

私の言っている意味が分るかな?






それが起こるまでは、あなたは探求している。

このシフトが起こった後は、その「反対側」へもっとアクセス出来る様になる。

それこそが「自由」だ。

キヨタカからの「自由」だ。





{何度も「分るか?」と問われその都度「分る」と答えたが、なぜその事を強調するのか、その重要性がその時はさっぱり分らなかった。しかしこの事がわからない限り、次から次へと体験を追い求める探求者の罠から抜け出せず、真実の私に寛ぐ事が出来なくなる。

見いだした自己の光を育むのではなく、別の光を追い求め未来を創り出してしまう。その結果、今のあるがままの自分に寛げなくなってしまう。

ノーマインドは探求者が得るものではないという事実は、理屈では簡単に解る。最初のハワイ個人セッションでも納得済みだった。しかし、体験としてその事実に寛ぐ事は非常に難しかった。}




普段私たちは自我に同一化していて、本来の自分を忘れています。しかし、そこからシフトをしていくと真実の私に気付いてきます。それは様々な形をとっているかのように見えますが、本質的には同じものです。


そして単にシフトするだけでは駄目で、そこから育み育てることが必要です。私が言われたのは育てるというとマインドが介入しているので、自然に育っていくというのがより正確であるということで、確かにその通りかもしれません。植物を育てるにも水や肥料をやったり、環境を整えたりしますが、後は植物自身が自ら育っていきますが、それと同じことなのでしょう。


そこで何もしないということになってきますが、気付きがない状態で何もしないと、それはただの無知蒙昧であり、気付きを伴った上で何もしないことです。そうすれば真実の自分へのシフトが勝手に育っていくでしょう。


これで本当の意味での道の始まりであり、それまではマインドの幻想の中で遊んでいるのです。しかし、このことに気付いている人はそう多くはないですが、これから少しずつ増えていくことでしょう。

穏やかさを感じ従う


マインドが「これをする必要がある」という言葉に従うのではなく、あなたの中の一番深いレベルで「正しい」と感じるという事だ。

「これをする事が正しい、だからこれをする」という感覚だ。





あなたのハートがその深いレベルに整合する様になると、個人の意志とか無理強いとか集中とか、する事(Doing)のパワーは感じなくなる。

そこに意志はない。

ただの「穏やかさ」がある。

物事が流れに任せて起こる様になる。









しかしその穏やかさは、弱さではない。

それは神聖であり、究極の意識だ。

それが穏やかにあなたの人生で機能する。







だからもしそこに穏やかさがあるなら、それに従いなさい。

しかし「これをする必要がある」「あれがしたい」というエネルギーだったら、それは良くない。

そこにはマインドが介入している。

それが、基本的な判断基準だ。



恩寵の扉が開くまで2より



あれやこれや思考することなく、直感的に「こうなのだ」という感覚が生じることがあります。しかし、それが
正しいのか、それともマインドから来るものなのかわからないことも多いものです。

一つの判断基準としては、それが穏やかであるかどうかというのがあげられると思います。これは私の体験からも、私の知り合いの話からもいえることです。マインドからの声は騒々しくて雑であることがほとんどです。最初は高揚感もあって「これでいいのだ」と感じたりもしますが、段々方向性がずれていったりします。

ハートから来るものはかすかなもので、繊細な感覚を磨いていないと聞き逃してしまうかもしれません。しかし、そこに従っていくと、自然と良き方向に向かっていきます。

流れに任せるというと悪いイメージもありますが、ここでいう流れに任せるというのは、マインドから生じたものに流されることではありません。そこは混同しないことが大切です。



最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。