スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ在ることを共有して

先日の瞑想会に参加していただいたFさんから、感想のメールを送っていただいたので、それをご紹介しようと思います。Fさんは私が定期的に参加している瞑想会を主催されている立場の方で、そのような方が私が主催する瞑想会に参加してどのような感想を抱くか楽しみでもあり、若干の不安もあったのですが、その不安は杞憂に終わりました。




先日の瞑想会は本当によかったですね。

正直なところ、ちょっとわさわさ(?)とスタートした感がありましたが、最初のシンギングボウルで一瞬にして内なる深みへとシフトできました。短時間の瞑想会においてシンギンブボウルはとても効果的ですね。

今回、瞑想会に参加させていただいたのにはいくつか目的がありました。

ひとつは「ただ在る」ことを意識して、初めての瞑想会で初めて逢う方たちと接してみたいということ。そうすることで普段気づいていない自分が見えてきそうな気がするから。
もうひとつは「ただ在る」ことで生じる自分や場への影響を体感してみたいということです。

瞑想を終えて一番感じたのは、場所や参加人数とは関係なくそれぞれの人の内的経験がそのまま共鳴しあってフィールドが形成されているということでした。

また、私自身としては終始リラックスしていられましたし、静けさの中で「ただ在る」ことはとても容易でした。

実は、この「ただ在る」ことがどれほど人格の変容や浄化を促すものか?ということが、ずっと私にとって一番の関心事でした。

今回、自分の古い思考や感情のパターンなどが「ただ在る」ことのエナジー・フィールドによって、まったくちっぽけなとるに足らないものであることを体感することができ、長年の問いに答えを得たといえます。

日常生活のいろんなしがらみの中で、絶えず「ただ在る」状態に留まり続けるのは至難の技に感じられますが、 このように気軽に参加できる瞑想会に定期的に参加することで、日常生活と「ただ在る」とが整合していく感じがします。

そして願わくば、瞑想会に来られる人たちが参加者というより、自分もこのフィールドに影響を与え作り上げてるひとりという意識をもたれたら(実際にそうなんですけど)、その人にとっても場にとっても進化の可能性は無限でしょう。

瞑想は心地いいもの、そして瞑想によって日常生活のクオリティも変容するということをこれからも発信していただけたらと思います。
本当の自分で在ること、その自分として人と関わること、それ以上ものは存在しないと思いますから。

いい体験をありがとうございました。



瞑想をするものではなく「ただ在る」ことであると理解できたのは、Fさんが主催されている瞑想会に参加してでしたが、それが私が主催するものでも起こったので、とても嬉しく思いました。


参加者の方々にそれぞれエネルギーワークを行ったのですが、参加者のみなさんそれぞれが高位のチャクラが開いていて、質の高いエネルギーが感じられたのですが、Fさんは特に繊細な領域と繋がっていることが感じ取られました。長年に渡って「ただ在る」ことを体験されているので、それも当然だろうと思いました。


Fさんが感じられたことは特別なことではなく、誰でもそれを本当は体験していることですが、日常に埋没することでそれを理解できません。Fさんからメールをいただき、このことを少しずつではありますが、発信していこうと改めて決意しました。


今月は14日と16日にも瞑想会を開催します。まだ参加枠に余裕があるので、参加希望される方はご連絡お願いします。また来月の5日、日曜日にも瞑想会を午後の一時から七時ごろまで開催する予定です。二部構成にするので、どちらかに参加していただいても結構ですが、もちろん通しで参加できる方はそちらをお勧めします。

スポンサーサイト

点滴岩をも穿つ

先日西荻窪にあるやまねの家で行われた瞑想会に参加しました。
http://shanti.jp/yamane/acs.html


ここでの瞑想会には何度か参加しており、基本的にただ座るだけのシンプルなものですが、場の雰囲気がよく瞑想しやすいのです。そして質の高い瞑想が自然に起こります。今回は仕事明けで参加したので、あまり前日寝ておらず、瞑想中に眠くなってしまうかと危惧していましたが、思いのほか眠くならず、意識が鮮明になりすっきりとしました。


意識の鮮明さは重要なポイントで、意識が鮮明でないと気づきは起こりません。意識の鮮明さと気づきは切っても切り離せない、裏表の関係にあるでしょう。瞑想して恍惚状態になり、それはそれでいいのですが、それはまだ途上であり、そこを脱却して意識を鮮明にすることが大切です。途上で満足しそこにとどまるのは非常にもったいないことです。


そこの瞑想会では、最後に世界平和の祈りの時間を設けます。これはハートの瞑想でもあります。これによってハートが開いていくのがわかります。瞑想が深まると気づきが起こり、心身がリラックスして境界がなくなっていきますが、ハートが開いてくるとその時とはまた違う感覚が起こります。私の感覚ではやはり慈悲を伴っており、またより根源的なものと繋がっていく感じがします。


地球がハートに包まれていくイメージをしますが、それによって本当に微々たるものではありますが、地球が浄化されていく感じがします。私たちは地球や宇宙からするとちっぽけな存在かもしれませんが、それでも地球や宇宙を構成している一要素であり、言うなれば私たち自身が地球や宇宙そのものです。そのような私たちが気づきを深め、ハートを目覚めさせていけば、それは地球や宇宙にも影響があるものだと感じています。


それは本当に大河に一滴を注ぐようなものでしょう。私が生きている間に、目に見えるような成果はないかもしれません。しかし結果を気にすることなくただできることをしていく。それは決して無駄なことではないでしょう。点滴岩をも穿つということわざがありますが、小さな一滴でもずっと継続していけば岩を削っていく。これは実際に起こりうることだと思います。ともかく今後はハートの瞑想を行っていこうと思ったのでありました。

天使の羽

瞑想会に初めて参加していただいたAさんから、感想のメールをいただきました。今回はそれをご紹介したいと思います。



初参加です♪(タイトル)


はじめて瞑想会に参加しました。

理論的な説明があり、わたしにははじめて聞く単語ばかりでした。
けれど他の場所で見聞きしたスピリチュアルの断片的な知識が、この説明を期に、ぱーっとつながりはじめました。
新鮮な驚きがありました。


瞑想会自体は、色々な要素をもりこんであり、二時間の時間では足りないくらいの濃さでした。


いちばん印象的だったのはハートに手をあてる瞑想でした。


わたしはいきなり、胸から羽のような手が生えてきたようにかんじました。
その手(羽)ですべての人を抱きしめたいとおもいました。

おわったあと、エネルギーがわかるかたがいらして、その方は、天使が来ていた、と言っていました。

わたしは天使はみえませんでしたが(笑)

とても印象深い、ステキな瞑想会でした。


そしていまでも、わたしの胸には見えない手(羽)がはえているのです。

東京都中野区在住A




初めて参加された方が多く説明の時間も多くとったのですが、それが単に知識の伝達に終わらず、今までの知識と結びつき、深い気づきが生じたようでよかったです。知識もそのようになって初めて役にたちます。


土日に瞑想会を開催する時には三時間の枠組みですが、平日の夜で二時間枠でしたが、三時間くらいないと物足りないという声が多く、こちらとしては有難かったです。瞑想状態に入ると、時間の感覚が変わってしまい、あっという間に時が過ぎていき、時間の感覚も相対的なものだとわかります。


私がハートの瞑想を教わった時には、天使の羽のイメージもしたのですが、今回はその説明をしていませんでした。それにもかかわらず天使の羽のイメージが浮かんだのは、言葉を介さずに伝達が起こったということかもしれません。


私は天使がきたかどうかはわかりませんが、間違いなく恩寵が降りてきていたのを感じました。それは天使からかもしれないし菩薩からかもしれない。どこからというのは重要ではなく、それがそこに在ったことが大切です。そしてそれを感じていただけたことを嬉しく思います。


初めて参加していただいたAさんからこれほど詳しい感想のメールをいただき、本当に感謝します。


来月は6日、27日の金曜日、午後7時から、14日土曜日午後3時から、代々木駅近くの施設で開催予定です。詳細は近日中にアップします。

瞑想リトリートにて 4

リトリートに関して色々と書いてきましたが、これで最後になると思います(おそらく)それだけ多くの気付きなどがあったということで。

西洋人はスキンシップによるコミュニケーション、ハグであるとか、握手をするといったことが定着している。それに対して日本人はあまりそのような習慣がない。ハグをして親睦を深めるということもあまり見受けなれない。よくハグをするという人もいるだろうが、少数派ではないか。

私は以前スキンシップを避けていた。これは自分でそうするのが良いと思っていたのでそうしたまでだが、あまりにも度が過ぎたと思う。頭を触られるのを嫌い、床屋にも行っていなかった。ではどうしていたかといえば、一時期はずっと坊主頭にしていたので、バリカンを買ってきて自分で頭を丸めたり、知り合いである程度カットできる人に頼んで、できるだけ頭を触らないようにして髪の毛を切ってもらっていた。スキンヘッドは慣れてくれば、他人の手を借りずに自分自身でできてしまう。今は普通に床屋に行っており、買ったバリカンも全く使っていない。

それだけ私は他人に触れられることを避けてきた。それは自分と他人との区分をはっきりと構築してしまい、自我を超えていくどころかますます増強させることになってしまった。ベタベタとスキンシップをすればいいというものでもないが、他人との接触を避けることで、損失を蒙ったと今は思う。

リトリートでは一番最後のプログラムで、参加者全員でハグをしていった。一番最初に参加したリトリートでも参加者全員でハグをしてまわったが、その時の私はまだハグをすることに慣れておらず、最初はやりにくかった。しかし段々慣れてきて、最後には抵抗がなくなっていった。瞑想をずっとしていて心身が浄化されてハートが開いていたのでやりやすかったのもあっただろう。いずれにしろ、スキンシップによるコミュニケーションに抵抗があったが、それが少しずつ氷解していった。

今回はもう慣れていたので、最初からあまり抵抗なくみんなとハグをしていった。そこでは天使の羽をイメージし、繊細にハグをしていったが、このやり方はとてもよいと思った。中にはぎゅーっとハグしてくる人もいたが、それはそれでよかったが、天使の羽のごとくハグしていくと、肉体で行うというより、ハートのつながりを感じることができた。

参加者は男女入り混じっており、当然同性異性を問わず行っていくことになる。普通は同姓とする時は抵抗があり、異性とではどこか構えてしまったりするものだが、この時は性別や年齢の区別などあまり感じることがなかった。同性とハグしてもハートのつながりを感じて安心感があった。ハートが開いてくると、年齢や性別などを超えていき、区分がなくなってくることを実感できる。これは一人で座って瞑想していても、なかなかわからないことであり、他人との関係性を伴ってより深く実感することができる。そういう意味でリトリートの最後でハグをしていくことは、とても良いことだと思った。

ハートを開いていくことはとても大事だが、背景に明晰さ、気付きというものがないと、危ういものとなってしまう。安易にハートだけに取り組むことを戒める指導者も多い。しっかりと明晰な気付きを保ち、その上でハートに取り組んでいくことが大切で、その意味で気付きから入り、心身を寛がせ、最後にハートに働きかけていくリトリートはとても良いプログラムであると実感した。

瞑想リトリートにて 3

瞑想リトリートでは、自分が瞑想するだけではなく、参加している方々に対して、瞑想の手助けをすることも若干行った。

私はドニパトロ(シンギングボウル)を使って瞑想に誘導することも行っている。今回は数分でいいからシンギングボウルを鳴らすことはできないかとお願いしていたのだが、主催者の方から許可をいただき、気付きと寛ぎの時間に少し鳴らすこととなった。

doni.jpg


気付きの瞑想では、高音でチャクラでいうと上部に響く音を出した。数分音を鳴らし、沈黙の時間と交互に行っていった。音が響くとエネルギーが上にぐーーっと引っ張り上げられるようで、眉間や頭頂に反応した人も多くいたようだった。また頭の中が揺り動かされるようで、しばらく揺れているような感じがしたという人もいた。そのような状態になると、余分な思考もシャットアウトされ、瞑想状態に自然に導かれる。またエネルギーの柱が立つような体験をした人もいた。短い時間でもすぐに効果が表れるようだった。

寛ぎの時には比較的低音で、倍音が響き渡るシンギングボウルを用いた。最初は私はいつもの癖で、けっこう強めに叩いてしまったが、リトリートでは繊細さが大切であり、もっと繊細な音を出すように注意をされたので、気をつけていつもよりは弱めに、繊細にシンギングボウルを叩くようにした。そうすると場の雰囲気が繊細になっていき、落ち着いて深みのあるものとなった。周りで座っている人たちが瞑想状態に入っていったことが伝わってきた。私も鳴らしていることで、それ自体が瞑想であった。シンギングボウルから発せられる波動が直に感じられ、それを周りの人にも体感できるように気をつけて法具を鳴らしていった。

言葉でいくら寛ぎを説明しても、頭だけで理解することはできない。それがシンギングボウルから醸し出される音と波動を少しでも感じると、「これが寛ぎか」と簡単に体感することができる。この音と波動は全身を振動させ、エネルギーの流れをうながし、余計な思考が止んでいき、自然に寛いでいく。その感覚は体験しなければわからないもので、肉体や思考や感情にとらわれていては、まず理解することはできない。このことを多くの方が、シンギングボウルの波動で体感していくことの助けになったようで、私も嬉しく思った。

それと瞑想でハミングをして入っていくテクニックがあるが、それとシンギングボウルの音がよくマッチすると感じた。大勢でハミングすると、それだけで倍音に満たされた空間が形成される。そこにシンギングボウルの倍音が加わると、より精妙な波動となっていく。そこにいるだけで心地よいし、ハミングすることで外からの波動と内面からの波動が一体となり、肉体や思考から離れやすくなる。このやり方もとても面白いものだと感じた。

リトリートが終了してシェアリングの時間になったら、多くの人から法具の音と波動が瞑想の手助けになったという意見や感想を聞き、嬉しく思うと同時にほっとした。泊りがけで瞑想するような人は、感性も豊かであるし、色々なものを体験している方も多いから、変なことをしてしまうとかえって瞑想の邪魔になってしまう。あの音はない方がよかった、と言う人がいやしないかと少々気がかりでもあったが、それが杞憂に終わり胸をなでおろした。

リトリートが終了してからも、そのまま残って宿泊していく人たちもいる。私は前回までの参加ではプログラムが終了したら帰宅していたのだが、今回は残っていくことにした。夕食が終ってからみんなでどのようなことをするか話し合ったが、また法具の音と波動を体験したいという方も多かったので、5~6名くらいの方を対象に、法具を鳴らすことにした。

リトリートの最中は単独の音だけにしたが、この時は様々な音色を組み合わせていった。そうするとまた違った効果が期待できる。複数の法具を鳴らしたり、一人一人の近くでシンギングボウルを鳴らしたりと様々な試みをした。20分くらい鳴らしていたが、あっという間に時間が経ってしまった。

鳴らしながら全体の様子を見ていると、みな一様に深い意識状態に入っていた。場の雰囲気も凛とした厳かなものとなり、一人一人の内面とそこの場が一体となり溶け合っていた。外側も内側もない状態だったと思う。

終わってからシェアリングをしたが、全員がとてもリラックスして満足していた。人によってはエネルギーの滞りがはっきりと出て少々違和感を感じていた人もいたが、シンギングボウルのパワーは強力で即効性があるので、ある種の好転反応がすぐに起こったということも言える。また体の近くで鳴らすと、振動が直接感じられ、また頭の方がぐらぐらとして、やはり思考が止まってしまうという人も多かった。私たちは常に余計な思考に支配されてしまっているが、シンギングボウルを用いると、そこから離れていくきっかけを簡単に生じさせることができる。何もせずにただ座っていることができれば最高だが、なかなかそれもままならないので、このようなツールを用いることは非常に有効であると思う。

最後に主催者の方の感想を聞いたが、とても良かったと言われ、自分で鳴らしているわかりにくいが、人にやってもらうと非常にわかりやすいとも言われていた。自分でシンギングボウルを鳴らしても自分自身が瞑想に入って行けるが、やはり他人にやってもらった方がよりやりやすくなる。これは催眠などでも同じことで、自分で入ってくのは困難だが、やってもらうとやりやすくなる。私自身も他の人にシンギングボウルを鳴らしてもらいたいくらいである。

私は楽器など全くできず、演奏のセンスなどないと思うが、法具に関してはすぐに感覚をつかむことができ、自分で言うのもなんだが、うまく音を醸し出すことができると思う。周りからもそのように評価されるから、私の独りよがりでもない。これも一つの才能ではあると思うので、これからもその才能を生かしていきたいと思った。
最新記事
プロフィール

唯我独存

Author:唯我独存
ヨーガ・瞑想暦20年ほど。レイキマスター。日々この瞬間を大切にすることをモットーとする。気付き、寛ぎ、ハートの三つから、今ここにあることを体得し、それを伝えていこうとしている。

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。